集まる!マーケティング

無料オファーの強さを美人ギャルから学んだ話。

こんにちは、川崎です!

先日、駅直結のビルを歩いていたときのことです。

ビルのエントランスを出て、
真っ先に視界に飛び込んできたもの。

それは、 ちょっとスポーティーな格好をした
20代前半の美人ギャルでした。

キャップをかぶり、ピッチリしたミニスカート、濃いめのメイク。

それだけで2~3歩、光に集まる蛾のごとく
吸い寄せられていったのは内緒ですが、
僕のような男は、他に何人もいました。

いや、いたと思い込んでいました(笑)

事実、彼女のまわりには
多くの人だかりができていたからです。

でも、それには僕のような本能的理由ではなく、
別の理由があったんです。

その理由、、、

なんだと思いますか?

まぁ、焦らす意味も意義もないので(笑)

タネ明かしをすると 、
「新作のエナジードリンク」を無料配布していたんです。

僕は、

・エネルギーが切れていない
・健康面で悪影響そう

という理由から、もらわずに
その場を離れましたが、それでもかなり欲しくなりました。

「いやぁ、やっぱもらえば良かったかなぁ」
なんて思いながら、信号待ちをしていて、
ふと目の前にいる自転車に乗ったおばさんを見ると、、、

めっちゃ、そっちの方、
欲しそうにガン見している!(笑)

もらいに行けばいいのに(笑)

さてさて。

勉強熱心なあなたのことですから、
「無料」が強力なオファーになることは
ご存知のハズですよね。

ですが、

無料というものに、どれだけ力を入れるか?
あるいはリスクを取るか?が
人を惹きつける”差”になる

と僕は思っています。

たとえば、よく見かけるのは

・化粧品
・ガム
・スーパーの試食

などの無料オファー。

これらは、本来のパッケージに対し、
1~3/10程度の容量なことがほとんどですよね。

もちろん悪くはないですけど、
その他大勢がやっていることでもあります。

それゆえ、強烈なインパクトも与えづらいです。

一方で、今回のエナジードリンクは
「1本フル提供」です。

缶を小さくしているわけでもなく、
コンビニで見かけるのと同じ大きさでした。

それに、透明な手提げ袋に入れて渡す工夫をしているので、
みんなが手に持ち、四方八方に散っていきます。

もらってない人も、それを見て気にしだすでしょう。

「あれは何だ?どこでもらえるんだ?」と!

すごいインパクトだなーと思いました。

もちろん、これをマネするのは
大金もかかりますから簡単なことじゃないですよね。

なので、今日はこれだけでも、
頭の片隅に引っかけておいてください。

================================ 

「無料」だからといって、
何でもかんでも喜ばれるわけじゃないということ。

こちらが力を注ぐことで、
同じ無料でもよりインパクトを残せるということ。

================================

これを頭の片隅においておけば、
ひょんなタイミングで、強力な無料オファーを
思いつくかもしれませんよ♪

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。