問題ばかりにフォーカスするプロモーションの問題点(笑)

(記事が面白かったら、ぜひ↑のボタンからシェアをお願いしますm(_ _)m)

こんにちは、川崎です!

先日、あるプロモーションのレビューに入りました。

売っているものはとても素晴らしいものでした。

その分野にまったく明るくない僕でも
「おぉ、広まったらステキやん♪」
と思ってしまったくらいです。

が、しかし、、、

いざステップメールを見てみると、、、

感覚的な話で申し訳ないのですが、
どこか固く、重たい感じがしたんですよね。

「あれ、何でだろう?
 文章もとてもわかりやすいし、
 しっかりと伝わっているであろうハズなのに・・・」

しばらく原因を考えていると、
パッと1つ浮かんできたんです。

それは何か?

「問題、悩みにフォーカスしすぎて、
 理想の未来が描けていない」

ということでした。

つまり、メール1通1通の論理展開が

こんな問題ありますよね?

この方法で解決できますよ。

とか

こんな悩みありませんか?

こうすればいいですよ。

というものがとても多かったんです。

もちろん、そうすることは間違いではありません。

どんな仕事であれ、
必ず「良き未来と現状の問題」がありますから。

しかし、問題よりも、
「良き未来」にフォーカスして、
プロモーションを作っていく方がいい。
というのが、僕の意見です。

問題を指摘し、さらにその傷口を広げ
最悪の未来を見せることで人を動かしやすくなる
という心理トリガーがあります。

「恐怖」のトリガーですね。

でも、僕はあまりこれを積極的には使いたくありません。

理由は2つ。

  1. そもそも最悪の未来は起こらない
  2. だから、続かない(買い続けてくれない)

からです。

また、人は
「ビジョンを見せてくれるリーダーについていく」
という法則もあります。

だから、「良き未来」にフォーカスして
プロモーションを組み立てていく。

それが、川崎流、発展・繁栄するプロモーションです(笑)

あなたのセールスプロセスはどうでしょう?

問題にフォーカスしていますか?
良き未来にフォーカスしていますか?

もし前者であれば、少しでもいいので
良き未来にフォーカスする割合を増やしてみてはどうでしょう?

やっているあなた自身も楽しくなると思いますよ♪

むすび:ネットを使っての稼ぎ方、間違えてませんか?

僕はこれまで、

インターネットを軸に商品・サービスを販売する

ウェブマーケティング・プロモーション業に身を置いてきました。

  • コンサルタント
  • コーチ
  • FX運営会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • ハウスメーカー
  • 小物雑貨
  • 医療関係者
  • 物販事業
  • ヒーラー
  • 福祉事業など

 

さまざまな方のWEB販促を行って、

数百〜1,000万、2,000万、3,000万円と

クライアントの売上に貢献してきました。

 

その経験から得た

「メルマガセールスの秘密」

メールマガジンの読者限定でプレゼントしています。

 

インターネットを使って売上を上げるには、

ちょっとしたコツを抑えておくこと。

それさえできれば、誰でもしっかりと売上があがります。

 

もしあなたが、

ネットを使っているのに、思うような売上につながらない・・・

こんな悩みがあるなら、

そのコツが抑えられていないだけ。

 

つまり、あと一歩で、

歯車が噛み合いはじめて、ドサドサと

商品が売れていくようになります。

 

とはいえ、「ただ売れればいい」というワケでもありませんよね?

 

しっかりと、自分の作った商品への想いや、

いかに価値があるものか?もお客さんに理解してもらいたいハズです。

 

弊社は、ただ売上をあげるのではなく、

販売者の理念、信念をしっかりと

届けながら、売上をつくる、という点で自信があります。

 

「商品・サービスの光を、お客さんに届ける」

このことを大事にしているからです。

 

あなたの商品・サービスがより多くの

お客さんに届くことで、日本が明るくなり

今よりもっと世界が良くなる。

そう強く信じています。

 

弊社のWEB活用、売上アップの方法を学び、

一緒に実践してみませんか?

 

無料で読めますし、必要がなくなればすぐに解除ができます。

一切リスクはないことをお約束します。

 

以下から、メールアドレスを登録して、

WEBで売上を上げるための方法を手に入れてください。

⇒ 『WEBで売上をあげる秘密』を読んでみる

 

あわせて、⇒僕の理念・価値観も読んでもらうと、

より理解が深まるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

川崎達郎

 

※もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです!
(すぐ下のボタンからシェアできます) 

おすすめの記事