売れる!セールス&文章術

セールス中には、あえて”コレ”をやることで売上がアップする!

ネットビジネスを軸としたマーケティングを学ぶと、次のような意識になりがちです。

「メルマガ読者には、なるべく売り込みがあると感じさせるな。売り込みと感じた途端、拒否反応を起こしてメルマガを読まなくなるから」

つまり「売り込み=嫌悪感を与える=不買&メルマガ読まれなくなる」という理屈になっているんですが…

よく考えると、別に、

「んなこたないよね」

という結論になります。

というのも、たしかに「売り込み=嫌悪感」って、あるっちゃあります。

服を見ようと思ってお店に入った途端、店員がいきなり話しかけてきて「コレ、オススメです!」なんてプッシュしてきたら、たしかに「売り込まれている」と感じるし、ウザっ!となりますよね。

でも、その一方で、話しかけられたんだけど、その店員とのトークが思いのほか弾んで、気分が良くなって買っちゃった♪なんてこともあるんじゃないでしょうか。

何が言いたいか?というと、人間の本質的な欲求としては「購買=快楽」なんですよ。

だって、それを買うことによって、新たな価値が手に入るわけですから。

つまり、強制的に売りつけられたり、購入を迫られたりすることのないネットショッピングって、リアルなお店での買い物よりも楽しみやすいし、購入のハードルも下がるんですよね。

と、ちょっと前置きが長くなりました。

ここからが本題なんですが、

セールス期間中、メルマガで”あえて”

「価格をアピールするって思いのほか大事ですよ!」

という話を今日はしたかったんです。

冒頭の「メルマガ読者には、なるべく売り込みがあると感じさせるな。売り込みと感じた途端、拒否反応を起こしてメルマガを読まなくなるから」という意識。

これを持っていると、メルマガでセールスをするときに、”つい無意識で”価格を隠そう、隠そうとしてしまいます。

具体的にいうと、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この商品は□□△△の魅力があります。

この商品は○○といった人にオススメです!

この商品はとてもお得ですよ、
ぜひ1度チェックしてみてください!

セールスページURL

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

のように、その商品はいくらなのか?価格が載っているページを見ないとわからないような文章にしてしまうことがよくあるし、見かけます。

でも、もしあなたが販売者で

  • 商品に自信がある
  • 自分では安いと思っている

ならば、メルマガ内で「○○円です!」と言ってしまってもいいんですよ。

というか、言いましょう!

それによって、今までは興味を持っていなかった層が「え、そんなに安いんだ!」と興味を示し、セールスページを見てくれることもありますからね。

僕も先日、とある人の、価格記載がないセールスメールを「きっと高いんだろうなぁ」と思いながら読んでいました。(その先入観があるから、買う気がゼロだった)

ただ、どうしても中身が気になったのでセールスページを見て、値段を確認してみると「え、、めちゃ安!」と驚いたことがあったんですね。

そんなに安いならもっと早く言ってよ!と(笑)

すぐにセールスページ行ったよ!と(笑)

すぐに買ったよ!と(笑)

こんな風に思う人も、一定数いますので、セールスメールの途中、もしくは終盤でもいいので、価格に関しては確実に言及するようにしましょう!

ちなみに、、、

今日お伝えした方法を最大限に有効化させるためのキモは、セールスをする前に「欲しい状態」を創り出しておくことにあります。

それさえできれば、多少高額でも喜んで商品を買ってもらうことができますから。

しかも、相手に感動を与えたり、喜ばれたりしながら「欲しい!」と思ってもらえたりもします!

最高じゃないですか?

それはもはや、押し売りなんかのレベルとは一線を画しますし、コチラのやりがいや意欲にだってつながります。

じゃあ、具体的にはどうすればいいのか?

その美しいセールスプロセスを学びたい場合は、コチラの無料企画に参加してくださいね!

もちろん、有料級の学びがあることはお約束します!

美しいWEBセールスプロセスを学ぶ!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。