売れるセールスレターに必要な情報量とは?

(記事が面白かったら、ぜひ↑のボタンからシェアをお願いしますm(_ _)m)

川崎です!

あなたにもこんな経験がありませんか?

目の前にいる人と、世間話をしていた。

目の前の相手は、息つく暇もなく、
自分に話しかけてくる。

無限の弾薬が詰め込まれた、
言葉のマシンガンのようだ。

話を聞き続けていると、だんだんと
その人が「何を言っているのか?」が
わからなくなってくる。

でも、相手はまだ話し続けている・・・

会話の内容が、右耳から左耳に流れていく・・・

いい加減、話を止めてどこかに行ってほしい・・・

「時よ、早く過ぎたまえ!!」

どうですか?

僕だけなのかもしれませんが、
のべつまくなしに話されると、
ある瞬間から脳の回路が遮断されて、
その人の言っている内容が、理解できなくなります(笑)

ちなみに、コピーライティングで
これがどういう状態かというと、

・1文が長い
・ムダな文章が多い
⇒ ムダに長いレターになる

という感じです。

こうなると、当たり前ですが
読者が途中でどんどんと読むことから脱落していきます。

よく、長文のレターが売れると言われますが、
表面の意味だけを理解すると、痛い目にあいます。

重要なのは、

「(あなたが欲しいアクションに)必要な情報を、必要なだけ載せる」

ということ。

特に、インターネット上は紙媒体と違って
文量に制限がありません。

だから1万字でも3万字でもコストに違いはありません。

だからこそ、気を緩めると
長文になってしまいがちです。

メッセージを鋭く尖らせるためにも、ぜひ
「文章の編集タイム」をとってみてください。

・ムダな指示語はないか?
・もっと1文を短くできないか?
・文章の前後を入れ替えてわかりやすくできないか?

こんな工夫をするだけで、文章はみちがえます!

いきなりセールスレターの編集は難しい、と感じるなら
ブログ・メルマガなどの編集からチャレンジしてみましょう。

繰り返しますが、

・ムダな指示語はないか?
・もっと1文を短くできないか?
・文章の前後を入れ替えてわかりやすくできないか?

これらを取り入れてみるだけでも、
必ず、洗練された良い文章になるハズです。

ご参考までに!

むすび:ネットを使っての稼ぎ方、間違えてませんか?

僕はこれまで、

インターネットを軸に商品・サービスを販売する

ウェブマーケティング・プロモーション業に身を置いてきました。

  • コンサルタント
  • コーチ
  • FX運営会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • ハウスメーカー
  • 小物雑貨
  • 医療関係者
  • 物販事業
  • ヒーラー
  • 福祉事業など

 

さまざまな方のWEB販促を行って、

数百〜1,000万、2,000万、3,000万円と

クライアントの売上に貢献してきました。

 

その経験から得た

「メルマガセールスの秘密」

メールマガジンの読者限定でプレゼントしています。

 

インターネットを使って売上を上げるには、

ちょっとしたコツを抑えておくこと。

それさえできれば、誰でもしっかりと売上があがります。

 

もしあなたが、

ネットを使っているのに、思うような売上につながらない・・・

こんな悩みがあるなら、

そのコツが抑えられていないだけ。

 

つまり、あと一歩で、

歯車が噛み合いはじめて、ドサドサと

商品が売れていくようになります。

 

とはいえ、「ただ売れればいい」というワケでもありませんよね?

 

しっかりと、自分の作った商品への想いや、

いかに価値があるものか?もお客さんに理解してもらいたいハズです。

 

弊社は、ただ売上をあげるのではなく、

販売者の理念、信念をしっかりと

届けながら、売上をつくる、という点で自信があります。

 

「商品・サービスの光を、お客さんに届ける」

このことを大事にしているからです。

 

あなたの商品・サービスがより多くの

お客さんに届くことで、日本が明るくなり

今よりもっと世界が良くなる。

そう強く信じています。

 

弊社のWEB活用、売上アップの方法を学び、

一緒に実践してみませんか?

 

無料で読めますし、必要がなくなればすぐに解除ができます。

一切リスクはないことをお約束します。

 

以下から、メールアドレスを登録して、

WEBで売上を上げるための方法を手に入れてください。

⇒ 『WEBで売上をあげる秘密』を読んでみる

 

あわせて、⇒僕の理念・価値観も読んでもらうと、

より理解が深まるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

川崎達郎

 

※もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです!
(すぐ下のボタンからシェアできます) 

おすすめの記事