集まる!マーケティング

ワードプレス集客に失敗する原因

こんにちは、川崎です!

 先日は、無料でネット集客するなら

ワードプレスで!なんて話をしました。

 

今日はもう少し突っ込んだ話を

しようと思います。

前回のなかで、無料でやる場合は

長期的な視点が大事だということを

話しましたが覚えていますか?

これ、逆に言うなら、

「継続できなければ集客できない」

ってことになります。

最近は、オウンドメディアの構築とかも

流行っているので、飛びつく人も多いかも

しれませんが、あれのコツも継続なワケです。

そして、ワードプレスを運営する場合

継続できない落とし穴がいくつか

存在するんですね。

それに知らず知らずのうちにハマり、

気が付けば更新しなくなっていた…

なんていう場合も少なくないでしょう。

ということで!

 

 

その落とし穴を紹介します!

 

これを知っておけば、

事前に防ぐことができるでしょう!

 

 

落とし穴1:SEO対策

 

前回も話しましたが、

タイトルに検索してほしいキーワードを

盛り込んだり、文中にキーワードを

散りばめるという戦術です。

 

これをやるとなると、

綿密な企画の練り込みが必要になります。

 

・検索のキーワードリサーチ

・ライバルサイトの強弱の見極め

・記事の素材集めetc.

・プラグイン等での設定

 

「め、面倒くさい…(苦笑)」

 

なので、記事に書き慣れるまでは

一切無視です(笑)

 

とりあえず最初は、

サイトのコンテンツボリュームを

増やしていくことに力を入れましょう!

 

 

落とし穴2:テキスト入力の面倒くささ

 

ワードプレスの投稿画面には、

 

ビジュアル入力

テキスト入力

という二種類が用意されています。

テキスト入力は、HTML言語を

使う必要があるので、ほとんどの人は

ビジュアル入力で書くことになります。

じゃあ、何が面倒くさいか?

ですが、それを話す前に、

前提条件の話をします。

 

何かというと、

『ブログもメルマガもオフラインで下書きする』

 

これがセオリーである、という話です。

 

つまり、ワードとか、メモ帳とかに

まずは下書きして、それをサイトに

貼り付けて編集する、ということ。

 

こうしないと、急にブラウザが

落ちたり、うっかり削除したときに

保存されなかった記事がまるまる消えます。

 

僕も、過去に手痛い失敗をしました(苦笑)

 

話をもどします。

 

下書きした記事をワードプレスの

ビジュアル入力にそのまま貼り付けて

記事を公開します。

 

すると、「改行トラブル」が起きるのです。

 

たとえば、

>下書きした記事をワードプレスの

>ビジュアル入力に貼り付けます。

上のように書いた(表示させたい)

文章が、ワードプレスでは

>下書きした記事をワードプレスの

>

>ビジュアル入力に貼り付けます。

のように、1行空けて表示されるんですよね。

 

これを、最初のようにするには

enterキーで改行ではなく、

「shift+enterキー」で改行する必要があります。

 

まぁ、細かい設定もできるんですが、

詳しくない人にとってはチンプンカンプン・・・

 

こうしたイライラの蓄積が、

継続できなくなる結果につながりやすいです。

落とし穴3:その他もろもろ

その他もいろいろとあります。

 

・アイキャッチ画像はどうするか?

・タグ付け

・ウィジェットの使いやすさ

・テーマがスマホ対応されているか?

 

などなど。

 

特に、僕が「これって大事だよな」と

感じるのは、

 

『デザイン』

 

です。

 

・シンプル

・見やすさ

・美しさ

 

これが、3つ揃っているか?

 

どれか欠けていると、

記事をアップして確認したときに

「やった!」という達成感が生まれません。

 

結果、テンションが下がるので

継続しなくなります(笑)

 

 

このように、

ワードプレスは、ライティングうんぬん

よりも精神的にエネルギーを奪われる

要素が多く、継続できなくなるパターンが多いです。

 

なので、そこを乗り越える工夫をしたいですね。

 

 

 

 

たときに

 

 

 

僕も以前からコツコツと記事を

アップしてきましたが、昨日

「超時短のアップ方法」に出会いました!

なので、これからガツガツと記事を

アップしていこうかな、と考えています♪

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。