ビジネス実践記・教訓

夢や目標、希望がないと苦しんでいる人へ

こんにちは、川崎です!

僕は以前、

・夢ナシ

・希望ナシ

・流れに任せて生きる

ということを話されている、

ある先生のファンでした。

 

当時、「みんな仲良くすれば平和になるのに」

と思いつつも、そこに向けての、

自分のやりたいこと・やるべきことがわからず、

悶々とした日々を過ごしていたんです。

 

今考えると、夢ナシ・希望ナシで生きるという

人生は「考えることを放棄」できるため

とてもラクな生き方だったように思います。

 

もちろん、その先生はダラけて

そう生きることを勧めたのではありません。

夢や希望は置いておきつつ、

目の前のことを、全力でやる。

その方が、幸せな人生を歩めますよ

という教えでした。

 

でも、自分は都合良く解釈し、

「目の前のことを全力でやる」

ということを置き去りにして、ただ自分が良いように生きていました。

 

さて、世の中にはこういった教えとは真逆の

・夢を持て!

・人生の目標を持て!

といった、体育会系のノリが一般化していますよね。

 

当時の僕は、これに疲れて

・夢ナシ

・希望ナシ

の世界が新しく感じられ

足を踏み入れたのでした。

これを読んでいるあなたも、

同じように疲れているかもしれません。

 

当時の僕が、なぜ体育会系の教えに疲れたのか?

それは、

「人と比べての目標」

「世間体を気にした目標」

を設定し、それを達成”しなければならない”

と半分強迫観念に陥っていたからです。

 

たとえば、

・業界でナンバーワンの○○になる!

・芸能界に入って、売れっ子になる!

・作家になって、芥川賞をとる!

こういった大きな夢・目標を

立てた経験があなたにもありませんか?

僕もこういった、さも「大きな夢・目標」

じゃないとダメなんだと思ってました。

 

でも、違うんです。

 

別に、大きな夢や目標じゃなくてもいい。

まわりに「スゴーい!」と賞賛される必要はありません。

 

「旦那が、毎晩すぐに帰ってきたくなる料理を作る」

「カラオケで、友人が涙するくらいの歌唱力を手に入れる」

「高速ブラインドタッチをマスターする」

こういったものでもいいんです。

 

それに真剣に打ち込む。

 

その姿こそ、最も美しいものだし、

何より自分自身が幸福感を感じられる生き方です。

 

それこそが、自分が進化・成長して幸せになる

ための方法なんだと、今ならハッキリとわかります。

 

なのであなたも、小さくていいから

夢・目標を見つけてみてはいかがですか?

 

今日の話は

今の僕から、夢も希望もなかった昔の

自分に向けたメッセージです。

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。