集まる!マーケティング

年収1000万円を目指すにはDRMを学ぶのが最速の理由

こんにちは!川崎です!

今日も『より良い日本』にするべく一緒に成長していきましょう!

年収1000万円の生活はどうやったら手に入るのか?
興味があると思います。

年収1000万円は、コレをやるのが手っ取り早い!

まず結論から言いますね。

年収1000万円の生活を手に入れるには、
次のどれかが一番手っ取り早いです。

  • 投資(株、不動産)
  • 外資の生保の営業マン
  • ひとり起業(ネットビジネスでの副業含む)

なぜか?

これらは、
「やればやった分だけ、手元にお金が入ってくる」からです。

 

残念なことに、サラリーマンはそうはいきません。

たとえば、家を売る営業マンが、
3000万円の家を1件売っても、歩合で入るのはせいぜい
数万円というところではないでしょうか?

3000万円もの大金を売り上げているのに!

 

悲しいかな、あなたがどんなに売り上げて
会社に貢献しようとも、それはあくまで会社の売上です。

つまり、どんなに売ろうともあなたの収入がドカン!
と増えることはありません。
(役職があがってさらに仕事が大変になるのが良いところ)

 

とはいえ、投資や生保の営業マンとして
チャレンジすることを僕はオススメしません。

なぜなら、リスクが高いからです。

 

投資はプロがひしめくなかで
勝ち続ける必要があります。

なので、かなりの勉強量を必要とします
(それは、金額的な損失含めの勉強です)。

しかも、最近は「自動売買マシーン」
との戦いもありますからね。
(1秒で数万回とかの売買を仕掛けてくるらしいです)

そんな高性能マシーンと
素人が戦って勝てるわけがありません。
(正確にいうと、5年10年と勝ち続けられるワケがないということ)

 

また、生保の営業マンは、
基本給が保証されていない場合がほとんどです。

つまり、売れればガッポリ入るけど、
売れなければ無収入の可能性もある、ということです。

しかも、稼げば稼ぐほど働く時間が増えて、
忙しいかつストレスフルになるのがオチです。

 

なので、僕としては
「ネットビジネスで副業を始め、稼げてきたら起業」
というのが最も安定して年収1000万円を突破できると思っています。

 

マネしてほしくない、僕の失敗談

ちなみに、僕の失敗談ですが、
僕は父の病気の看病のために会社をやめて、
そこから再就職することなく起業しました。

で、もちろん経験がないなかでの
チャレンジでしたから、うまくいかないことばかり。

どんどん貯金が減り、最終的には底をつき
「お金を失う恐怖」とメチャクチャ戦ってきました。

その経験はあまりオススメしたいものではありません(笑)

 なので、まずは副業から徐々に
稼ぎを増やしていけばいいと思います。

いずれにせよ、あなたがどんなビジネスをやるうえでも、
年収1000万円を稼ぎたいなら、学ぶべき必須の知識があります。

それが何かというと、

「ダイレクト・レスポンス・マーケティング(以下、DRM)」

というお客さんを集めるための知識です。

DRMとは一体何か?

では、DRMとは一体何なのでしょうか?

これは一言で、

『お客さんを、自分のところに呼んでくる仕組み』

と言えます。

なぜ、DRMをやる必要があるのか?
は、以下を見てもらうと理解してもらえます。

 

たとえば、ラーメン屋さんをオープンさせるとします。

まず必要になるのが、
お店、商品(ラーメン)、スタッフ、その他設備ですよね。

それらをすべて揃えいざ開店!しました。

 

じゃあ、開店しただけでお客さんは来てくれるでしょうか?
満席になるでしょうか?

「味が良ければクチコミで来ると思います!」
と思ったアナタ、半分正解で半分間違いです。

もちろん、味が良ければクチコミされる可能性は増えます。
でも、それって「神様の運次第」の部分もありますよね。

味が良い=絶対にクチコミされる保証はないですから。
(そもそも、何を持って「味が良い」と定義できるのかがあいまい)

 

なので、我々はクチコミに頼らずに、
お店にお客さんを集める術を持つ必要があります。

つまり、

『お客さんを、自分のところに呼んでくる仕組み=DRM』

をする必要がある、ということです。

 

たとえば、

  • チラシを作ってまく
  • 再来店してもらうために、ポイントカードを作る
  • メディアに露出する
  • ブログ、SNSをやる

なんていうのがその一例です。

「そんなの、みんなやってるじゃないですか」
と感じるかもしれません。

ですが、実はそれらはただの広告であって、
DRMではないのです。

 ここまでは、ついて来られていますか?

DRMをやるとなぜ稼げるか?コレがその真髄だ!

そしてここからが、重要であり、
DRMの真髄とも言える部分です。

それは、

「DRMは、反応を数字で計算することができる」

という点です。

世の中のほとんどの広告は、
その広告の善し悪しを数字で判断できません。

 

チラシを例に出します。

チラシを1万枚配る。
そして、配ったなかからどれだけ
注文に結びついたのか?(成約率は何%なのか?)

これを数値化できるチラシは世の中にほぼありません。

理由はシンプルで、
「DRM」という知識を知らないからです。

 

一方、DRMの知識を持っていて、
成約率を計算することができれば、チラシの改善ができます。
(具体的にどうやるか?は違うビデオで解説します)

チラシの改善ができれば、
より少ない

  • 金額
  • 発行部数
  • 手間

で、
よりたくさんのお客さんを集めることができます。

そうすれば、より効率的に
お金が稼げると思いませんか?

それが、DRMなのです。

今回はラーメン屋を例に出しました。

しかし、これからあなたがメルマガアフィリや
商品販売などのネットビジネスをするときも、
必ず必要になってくるのがDRMの知識です。

DRMの歴史は超ながーい! 

実際、DRMの歴史ってメチャクチャ長いんですよ。

発祥は1872年、アメリカの
モンゴメリー・ワードさんが始めたと言われています。
(な、なんと150年近く前!)

モンゴメリーさんは、独立する前に、
アメリカ各地をまわる行商人をしていたんですね。

 

そこで彼は気づくわけです。

 

「みんなが買う日用品は、いろいろな
中間業者・問屋がマージンを抜くため値段が高くなっている」と。

なのでモンゴメリーさんは、通信販売をすることで、
それらの中間マージンを撤廃して、安く商品
を販売する会社を立ち上げたんです。

通販ですから、お店がありません。

お店がないので、注文をもらうために広告を出します。

その広告の効果をなるべく高くできないだろうか?

こういった検証を繰り返してきて、
今ではある種の成功法則が科学的に導き出されました。

これがDRMを一言で
超分かり易くまとめた歴史なんですね。(笑)

 

我々が、DRMの知識を身につけてしまえば、
株で大損こく必要もなく、生保の営業マンで苦労することもなく、
サラリーマンとしてストレスを溜めることなく、
年収1000万円の生活を手に入れることができます。

まとめるならば、

『DRMの勉強=年収1000万円の生活が手に入る勉強』

と言えますね!(スゴくないですかっ?!)

僕も、DRMを学んでから、世の中の見方が変わりました。

もちろん、自分自身が稼げるようになった、
ということはモチロンです。

ですが、それ以外にも
いろいろなメリットがあるんですね。

このサイト、メルマガ、ビデオを学んでもらえれば、
稼げるビジネスマンになれますので、ぜひチェックしてください!

 

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。