集まる!マーケティング

格安で集客できる場所

こんばんは、川崎です。

先日、書の先生がフリーマーケットで
書を販売するということで、お手伝いに行ってきました。

いや~、楽しかったですね!

書自体はあまり売れなかったのですが
(何しろ、高額ですし、フリーマーケットに
来るのって安さ狙いの方ばかりですから・・・)、
無料でお名前を書く。

これには、多くの方が興味を持たれていました。

で、そこに書道教室のチラシも入れて・・・と。

先生も、こんなに配れると思ってなかった!
と喜んでくれていました。

そこから、集客できればいいなぁ!

フリーマーケットの活用法

フリーマーケットってはじめて参加しましたが、
その会場は子ども連れが出店側も、お客さん側もかなり多かったです。

だから、子どもに向けた商品を販売したい人、
家族がターゲットの人などは、出店して集客の
糸口に使うのも1つの手だと思います。

実際、起業するときも「フリマを利用する」
のは賢いし、重要だという話は、たしか
マイケルマスターソンの本で書いてあったと思います。

フリーマーケットが起業準備に良い理由

じゃあ、なぜフリマを利用するのがいいのか?

その理由は、
「費用を最小限で抑えながら、売れるか売れないかの判断ができるから」です。

自信満々の商品でも、売れない・コケる
っていうのは珍しくありません。

それをテストマーケティングもしないで、
お店を構えたり、ホームページを作ったりすると、
大きな痛手となるワケですよね。

なので、まずは売ってみる。

今だったら、ヤフオクとかネットの媒体を
使うのももちろんありです。

ただ、一番お客さんの反応を肌で感じられるものは、
顔と顔を合わせることですから、その点では
フリーマーケットは格好のテストマーケティングの場所だと思います。

今回の実際の事例をあげると、自分の絵を売ったり、
ハンドメイドのアクセサリーを売ったり、ジェルキャンドル?
というのを売っている方々もいらっしゃいました。

僕は最初「フリマっていらない服とかグッズとかを売っている人ばかり」
と思っていたのですが、やっている人はちゃんとテストマーケティングやってるんだなぁ。
と感じた次第です。(たぶん、本人達はテストマーケティングという体ではやっていないんでしょうが苦笑)

格安でお客さんを集める時のポイント

ただし、もちろん「単に売る」のではダメです。

その場では、お金になるかもしれませんが、
せっかく興味を持ってもらったのだから、彼らの信用を
勝ち取れば、継続して買ってもらえる可能性がアップします。

だから、やることは当たり前のようですが
「リストを取れるように、工夫をする」ということです。

書の先生の場合であれば、無料でお名前を
書いてあげて、それを渡すのと同時に書道教室の
チラシも同封しました。

だから、それに興味を持った方は体験申込の電話をくれるでしょう。

他のアイデアとしては、QRコードでメルマガの登録を促すとか、
今であればLINEの友達になってもらえればさらに
何かをプレゼントします!という提案をしてもよいと思います。

それをしてリストを確保しておけば、コチラから連絡が取れるので、
リピーターになってもらえる確率が高くなる、ということです。

この点は欠かさずに行っていきましょう!

ということで、アイデアがどんどん刺激された一日でした!

日頃やってないことをやるのは大切ですね^^
改めて実感です。

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。