成功する!マインドセット

落ち込んだ時にするべき事・しちゃいけない事

こんにちは!

あなたも、
・落ち込むこと
・気持ちがバッドになるとき
・ネガティブになるときがありますよね?

そんな時に限って「あぁ、プラス思考しなくちゃ」と頭をよぎりませんか?

自己啓発書を読むと、たいていがプラス思考をして、
「ネガティブ思考はするな!」と書いてありますもんね。

で、ネガティブになった自分を責めて、さらにBADになるみたいな(苦笑)

ということで、まずは「プラス思考でなければいけない!」ってのは思い込み
だってことを取り除きましょ!あれ、嘘ですから。

ネガティブな思考って、一体何だ?

ちょっと抽象的になりますけど、思考はエネルギーです。

だから、一見ネガティブな思考=マイナスのエネルギーと捉える人もいますが、
その見方だけで終わらせるのはとてももったいない!

ズバリ、プラスに変換することもできるんですよ。

よく聞くところでの「出来事(ネガティブ)なことに良い意味づけをする」
なんかがその具体的な方法の1つです。

つまり、大きな負のエネルギーは、逆転すると大きな正のエネルギーになるってこと。

ですから、本来であればトラウマ改善とかも別にする必要はないんですよ。

あ、話がそれてきた。。。

で、元に戻すと「別にネガティブな気持ちになることはOK!」なんです。

ただ、その時に「すると良いこと・しちゃいけないこと」があるんです。
それを覚えておいて欲しいので、今から話していきます。

落ち込んだ時にしちゃいけないこと

では、落ち込んだ時にしちゃいけないことは何か?

1,思考
2,決断
3,行動

この3つはやらないほうがいいです。
なぜかっていうと、気分が落ちてるときにこれらをやっても、どれもろくな結果にならないので(笑)

たとえて言うなら、体調が悪い選手がサッカーの試合に出るようなもんです。
本田もメッシもネイマールも、コンディションが悪かったら結果がでないじゃないですか。

連係プレーがちぐはぐしたり、普通なら決めてるシュートを外したりします。
それと同じなんですよ。

で、ここで「本来のオレはこんなもんじゃない!」って思っても、
立て直すことって簡単じゃありません。

そんな時は、焦らず!落ち着いて^^

ムリな思考・決断・行動はしないようにしましょう。

落ち込んだ時にすると良いこと

じゃあ、何をすればいいかというと次の3つです。

1,運動
2,寝る
3,趣味

運動は、ネガティブな気持ちを回復させ一気にやる気が体中みなぎります!
僕のオススメは、ちょっと息が上がるくらいの運動をすること。
5~10分だけでもいいので、してみてください。

本当、効果ありますよ!

で、もしそれでもダメなら今日という日は諦めて、寝たり趣味に没頭するのがいいと思います。
それらも気持ちが和らいでいくんで。好きな映画を見るとかいいんじゃないかなー

なので、まぁムリせずやりましょっていう話です。
ノリノリの時は何をやってもうまくいくんですから、その時に全力を出していきましょう!

巷の本のネタばらし

そして最後に「なんで世の中の本はあんなにもゴリゴリ・オラオラしてるのか?」
っていう疑問を晴らしましょう!

答えはシンプル。

「ゴリゴリ・オラオラタイプの人が書いているからです(笑)」

いやね、そういうタイプの人って結果を出しやすいし、成功しやすいんですよ。

つまり、まわりから見たら目を引くじゃないですか。
だから、出版社としてもネタにしやすいんです。

それにそういう人の話って、痛快で刺激的でもあったりしますからね。
なので世に出ているビジネス本はほとんど
ゴリゴリ・オラオラのタイプの人が書いているのです(笑)

で、それ以外のタイプの人がその本に刺激されると一瞬モチベーションは上がるけど、
すぐにその反動が来て、エネルギーがスッカラカンになる、というカラクリですね。

信じるか信じないかは、アナタ次第です(笑)

本日もご自愛ください!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。