最高のヘッドラインの出し方と、最高の商品名の出し方は同じ方法で降りてくる

(記事が面白かったら、ぜひ↑のボタンからシェアをお願いしますm(_ _)m)

今、集客用のコンテンツを考えています。

具体的に言うと、あるノウハウをDVDにパッケージ化して、
それをPPCにて、無料提供または格安販売して
集客をしようと考えています。

で、ここで頭を抱えるのが「商品名」です。

これをよくありそうなタイトルにしてしまうと、
せっかくページに訪れてきてくれた人でも見向きもされません。

一方で、あまりドギツイタイトルだと、
出稿の審査の段階で弾かれてしまいます。
(とくにグーグルさんはそうです)

どんなのがダメか?

「川崎さん、どんなタイトルがダメなんですか?」
というと「具体性がある」類いのものはダメですね。

たとえば、「10日でできる!」とか「売上が2倍になる!」とか。

コピーで、結果の保証をすることや、
数字でどんどん具体的にしていくことは
れっきとした立派な作戦の1つです。

が、グーグルさんの考えとしては、
「それって皆が平等にできるの?⇒できるとは限らないでしょ!」

ということなんでしょう。弾かれてしまいます。

だから、必然的にボンヤリした
ヘッドラインや商品名になったりするのですが、、、

今日、これから紹介するある作業を
スタバで2時間近くやっていました。

最高のヘッドラインの出し方の極意

ここで、最高のヘッドライン、
最高の商品名の究極の出し方を教えます。

これはマジで最強の方法で、ここから出たものは
そんじゃそこらの会議レベルで出てきたそれらとは
一線を画す内容になります。

つまり、売れます。反応がいいです。

え?「もったいぶってないで教えろ!」と思いましたか?

ただ、ちょっとだけもったいぶらないと
あなたもすぐ忘れてしまうと思うんですよ。

何しろ、シンプルな極意ですから。

その方法とは、「たくさん書き出す」です。

退屈だけど強力な方法

これを聞くともしかすると、
ガッカリしたかもしれません。

もっと、ラクに出てくる方法だったり、
最高のヘッドラインがゴロゴロ掲載されている
サイトの紹介だったりを期待していたかもしれません。

でも、これが真実なんですよ。

まずは、ヘッドラインでも商品名でも
最低30個は案を出してみて下さい。
で、30個出たら次は50個。50個出たら次は100個です!

頭で考えるうちは、なかなか良いのが出てきません。
出てきてもボヤッとしたものばかり。

でも、書けば書くほどあなたの
脳みそのエンジンがかかってきます。

すると、ポンポンと自分でも「コレいいやん!」
と思えるものが出始めて、そのタイトルに自分が
ワクワクしてしまうくらいのものが出てきます。

そんな苦労をして出てきたヘッドラインや
商品名がお客さんの感情を刺激しないワケがありませんよね?

ということで、最高のヘッドライン、
商品名を出したいのであれば、以下のステップを
するだけで最高のものが出てきます。

ステップ1:30個まずは紙に書き出す。

ステップ2:もうひと踏ん張りして、50個紙に書き出す。

ステップ3:歯を食いしばって100個紙に書き出す。

ぜひ、やってみてくださいね。

応援しています!

むすび:ネットを使っての稼ぎ方、間違えてませんか?

僕はこれまで、

インターネットを軸に商品・サービスを販売する

ウェブマーケティング・プロモーション業に身を置いてきました。

  • コンサルタント
  • コーチ
  • FX運営会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • ハウスメーカー
  • 小物雑貨
  • 医療関係者
  • 物販事業
  • ヒーラー
  • 福祉事業など

 

さまざまな方のWEB販促を行って、

数百〜1,000万、2,000万、3,000万円と

クライアントの売上に貢献してきました。

 

その経験から得た

「メルマガセールスの秘密」

メールマガジンの読者限定でプレゼントしています。

 

インターネットを使って売上を上げるには、

ちょっとしたコツを抑えておくこと。

それさえできれば、誰でもしっかりと売上があがります。

 

もしあなたが、

ネットを使っているのに、思うような売上につながらない・・・

こんな悩みがあるなら、

そのコツが抑えられていないだけ。

 

つまり、あと一歩で、

歯車が噛み合いはじめて、ドサドサと

商品が売れていくようになります。

 

とはいえ、「ただ売れればいい」というワケでもありませんよね?

 

しっかりと、自分の作った商品への想いや、

いかに価値があるものか?もお客さんに理解してもらいたいハズです。

 

弊社は、ただ売上をあげるのではなく、

販売者の理念、信念をしっかりと

届けながら、売上をつくる、という点で自信があります。

 

「商品・サービスの光を、お客さんに届ける」

このことを大事にしているからです。

 

あなたの商品・サービスがより多くの

お客さんに届くことで、日本が明るくなり

今よりもっと世界が良くなる。

そう強く信じています。

 

弊社のWEB活用、売上アップの方法を学び、

一緒に実践してみませんか?

 

無料で読めますし、必要がなくなればすぐに解除ができます。

一切リスクはないことをお約束します。

 

以下から、メールアドレスを登録して、

WEBで売上を上げるための方法を手に入れてください。

⇒ 『WEBで売上をあげる秘密』を読んでみる

 

あわせて、⇒僕の理念・価値観も読んでもらうと、

より理解が深まるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

川崎達郎

 

※もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです!
(すぐ下のボタンからシェアできます) 

おすすめの記事