メルマガ読者限定

「習慣化」を効率的に行い、収入を劇的にあげるために必須な2つのポイントとは

何も考えずに、好きな時に起きて、 好きな時に食べて、好きな時に寝る。

こんな生活に憧れを抱いたことはありませんか?

僕は昔、魚屋だったころ、こんなライフスタイルに憧れていました。

でも、これでお金持ちになれる可能性は低いと言えます。

堕落まっしぐら

なぜかというと、「節制」「我慢」「忍耐」という言葉が これらにはまったく欠如しているからです。

好きな時に起きたり寝てたりしたら、 生活バランスが崩れますし、 好きなものを食べ続けていたら不健康まっしぐら。

だから、僕は基本の生活は「規則正しく」 そして、たまにの「ハメ外し」が理想的だと考えています。

「川崎さん、ボクはダラダラビーチ生活が送りたいです」 と思うかもしれません。

ただ、これらを経験した人が口を揃えて言うのが、 「無力感がハンパない」「死にたくなる」「つまらない」ということでした。

結局、お金の自由や時間の自由を手に入れても、 することがなければつまらないものです。 (まぁ、それを体験して腹に落とすことは良いことだと思いますよ!)

行動の習慣化=お金持ち

前置きが長くなりましたが、 基本的にこういった生活を手に入れるためにも?

まずは、お金の自由を手に入れたいところですよね。

そのためには、「習慣」が必要です。

最初にお金を稼ぐための習慣化が できていなければ、お金を稼ぐことはできません。

ベッドで心地よく眠りたいのに、 ある日は足が4本。ある日は足が3本。ある日は1本、 だったら安定して眠れないですよね?

心地よく眠るためには、 毎日4本の足がある必要があるのです。

これを人間に置き換えたものが「習慣」です。

習慣化するための具体的ステップ

では、お金持ちになるための行動をどう習慣化していけばいいのか? そこが疑問になりますよね。

多くの教材でも、 「習慣化が大切!」 「21日間継続すれば習慣になる!」 なんてことは言われますが、それがうまくできなくて 習慣にならず、悩んでしまうことがありませんか?

それは、今回紹介する2つのポイントが 習慣化チャレンジの時に組み込まれていないことが原因です。

ですから、この2つを理解して 習慣化チャレンジに組み込むだけで、あなたは自然と 行動が続けられるようになりますよ。

ぜひ、楽しくチャレンジして億万長者の習慣を自分のものにしていきましょう!

では、具体的な2つのポイントをご紹介します。

成功するための習慣化のポイント

1,時間で習慣を決める

2,タイミングで習慣を決める

どういうことか具体的に説明していきますね。

習慣化を効率的に行う2つのポイント その1:時間で習慣を決める

まずは、時間によって習慣化するものを リストアップしてみましょう。

たとえば、起床時間はその良い例かもしれません。 あなたもたとえば「朝5時に起きる習慣をつけたい!」と思っているかもしれませんね。 であれば、朝5時に起きる!と時間で習慣を区切る必要があります。

あとは、僕の場合は「瞑想の時間」や「運動」「仕事」を スタートするときも時間で区切っています。

ただ、これはポイントその2に組み込むことも可能です。

つまり、この習慣化の方法は正解がなく、 あなたの「しっくりくる方法」で調整することが可能です。

他の先生って、ここは絶対こうしろ!と言いますよね。 だから失敗しちゃうんですよ。

習慣化の本質は「ちゃんと行動が習慣化すること」です。 だから、正解の方法論というのはなくて、あなたがしっくりくるものをチョイスすればいいんです!

習慣化を効率的に行う2つのポイント その2:タイミングで習慣を決める

これは、時間ではなく何かのタイミングで 「習慣化したい行動」をする、ということです。

たとえば、僕の役割で「朝ご飯を作る」というのがあります。

ただ、それを「○○時○○分に作る」というふうには設定していません。 理由は、細かい時間設定をするとそれがズレたときに、 あとのスケジュールに影響がでるからです。

で、その後もズレてズレて、ズレて・・・となると 何か達成できないタスクが生まれてしまいます。

それは、「ちくしょうできなかった!オレはだめなやつなんだ(涙」 とセルフイメージを下げてしまい、精神衛生上よくありません。 だから、スケジュールやタスクには余裕を持たせています。

だからこそ、時間ではなく「タイミング」で設定することも重要なんですね。

他にも昼寝の時間は「運動後」という タイミングで習慣化させています。 また、就寝前に今日の反省や明日のスケジュール確認などのタスクを入れています。

このように設定することで、 朝からあれをやってこれをやってとガチガチに スケジュールを固める必要がなくなり、フレキシブルになります。

もちろん、ポイントポイントで「○○時から~をやる」 というのを入れているので、規則正しい一日を過ごすことが可能です。

ということで、まずはこの2つのポイントで 「習慣化したい事柄」をそれぞれ書き出してみて下さい。

書き出せたら、あとは時系列でそれを配置すれば ギッチギチのスケジュールではなく、 ・時間にゆとりのあるスケジュール ・しっかりと「習慣化すべきこと」 が組み込まれている状態になるハズです。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

参考までに、僕がこのエクササイズをやったときの 順序や書き出した項目をまとめたものを会員限定コンテンツに アップしておきますので、そちらもよければ見てみてください。

⇒ 習慣設定エクササイズ〜川崎功瑛の場合〜

ありがとうございました。

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。