成功する!マインドセット

仕事への意識がガラッと変わって「良い仕事」ができるようになる方法

こんにちは、川崎です。

突然ですが、渡辺和子さんをご存知ですか?

岡山にノートルダム清心女子大学 という学校があり、そこの理事長でいらっしゃいます。

渡辺さんは、大学卒業後、渡米。

アメリカの修道会で20年ほど修行をして、 帰国したあとに今のポジションにつきました。

「置かれた場所で咲きなさい」 という本が有名なのでご存知かもしれませんね。

余談ですが、この本。

ふだん活字嫌いの妻が「おもわず読んでしまった」と言った本です。 それくらい心に響くものがあったんでしょうね。

仕事の意識がガラッと変わるエピソード

渡辺さんの話のなかで、我々の仕事の意識 をガラッと変えてくれるエピソードがあります。

アメリカの修道会時代、全寮制で、 食事の準備は全部自分たちでしていたそうです。

ある日、渡辺さんがお皿をテーブルの上に配っていました。

すると、1人のシスターが静かに寄ってきて、 こう渡辺さんに尋ねたそうです。

「あなたは今、何を考えながら このお皿を配っていますか?」

渡辺さんは「えっ?」と驚き 「何も考えていません・・・」と答えました。

その答えに対し、シスターはこう言ったそうです。

「渡辺さん、あなたは時間を無駄にしています。 あなたはこのお皿を使う人の幸せを祈りながら 配ることができます。

世の中に雑用という仕事はないのですよ」

仕事への意識を高めてみませんか?

これを聞いて、あなたはどう感じますか?

こういった仕事の仕方はなかなか できるものじゃないと、僕は思います。

こういったことを知っていても、少し気を抜けば

・あーお腹減った ・早く終わらせて○○しよう ・来週の休みはどこいこう?

なーんていう、ベクトルが自分に向いた 仕事をしてしまいますよね。

文章でも、料理でも、クリーニングでも、 ホームページ制作でも、整体でも 「うわべの技術を取り繕う」ことはできます。

が、それってお客さんは潜在意識で 「なんか、違うな」って感じ取っています。

マーケティングなんかしなくても 繁盛しているお店って、常に思考が お客さんに向いているんだと思います。

だから、小手先のテクニックをせずとも しっかりとお客さんがついてきてくれる。

もちろん我々はマーケターですから、 テクニックをフル活用していけばいいです。

いいですし、 それに「お客さんへの気持ち」が加わると、 そのマーケティングテクニックがさらに 効果を発揮することになるでしょう!

このメールも、読んでくれたあなたに 何かのきっかけの1つになれれば、と思って書いています。

お客さんの幸せを考えながら仕事をする。

こんな習慣を取り入れてみませんか?

本日もご自愛ください!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。