ノラ猫にエサを与える人の行動心理

(記事が面白かったら、ぜひ↑のボタンからシェアをお願いしますm(_ _)m)

今朝、近所の公園をジョギングしていました。

すると、そこには「ノラ猫に餌付けをしている」オバチャンが。

で、それがなぜか目について、
他の散歩をしている人は何をしているのか?
を走りながら観察してみました。

すると、ノラ猫だけでなく、カモにパンを投げる人、
ハトに雑穀みたいのをばらまいている人と、
実に多種多様な「餌付け人」がたくさんいたのです。

あなたはどっち派?

あなたは彼らの行動をどう思いますか?

優しい?それとも、不道徳?

僕はどちらかといえば、否定派です。

なぜかというと、動物園にいって
「どんどんエサをあげてください」なんて張り紙をしている所はありません。

その理由は、人間の食べ物を与えると
体調を壊す可能性が高いからです。

そもそもそれらの野生動物が人に
餌付けされなければ生きていけないか?

というとノーです。

そんなに野生動物はヤワじゃありませんよね。

まぁ、僕の意見はこれくらいにしておいて、
世の中にはそういったことをけしからん! と言う人がいる一方で、
彼らのように餌付けをする人もいるワケです。

人間の行動の根幹にある心理とは?

じゃあ、どうして同じ人間なのに行動に違いが生まれるのか?

それは、この原則に基づき人は行動しているからです。

『人は痛みを避けて快楽を得るために行動をする』

という原則です。

餌付け人を観察すると、そのほとんどが 服装がみすぼらしかったり、
精神的に病んでいそうな顔をしています。(主観で失礼!)

これが何を意味するのかというと、
おそらく社会で受け入れられていない、ということ。(=痛み)

つまり、自分がまわりに必要とされている感覚がないため、
動物にエサを与えることで自己重要感を満たしているのです。(=快楽)

他にもただ単に動物がかわいくて、
そのかわいい動物が飢えて死んだらかわいそう(=痛み)と感じ、
自分がそれを救う(=快楽)という達成感を得ている場合もあるでしょう。

いずれにせよ、「何らかの痛み」をさけて 「エサをやるという快楽」に実を投じているのです。

あ、ちなみにこれ善悪の判断ではありませんよ。

多くの人は、1つの事柄を善か悪かのどちらかで判断してしまいがちです。
(で、よくご近所トラブルに発展しますよね)

ですが、善悪の判断基準で物事を見ると、
お互い「善」だと思っているワケです。

これでは、両者の主張は平行線をたどるばかり。

だから、相手の行動を変えたいのなら、
どこかで折り合いをつけるか、 新しい解決策を一緒に考えていく必要があります。

今回、お伝えしたいのはその部分ではなく、
人が行動する心理背景には、痛みと快楽の原則が働いている。
ということを理解してもらいたかったのです。

この原理を学ぶと、人間観察が一段と面白くなります。

「なぜ、その選択をしたんだろう?」
「なぜ、いつも人を怒らせることばかりするんだろう?」
「あの人ちょっと変わってるな」

その背景には「痛み」と「快楽」が同居しています。

それを理解することで、あなたもセールスが
どんどん上手になっていくのは想像に難くありませんね^^

むすび:ネットを使っての稼ぎ方、間違えてませんか?

僕はこれまで、

インターネットを軸に商品・サービスを販売する

ウェブマーケティング・プロモーション業に身を置いてきました。

  • コンサルタント
  • コーチ
  • FX運営会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • ハウスメーカー
  • 小物雑貨
  • 医療関係者
  • 物販事業
  • ヒーラー
  • 福祉事業など

 

さまざまな方のWEB販促を行って、

数百〜1,000万、2,000万、3,000万円と

クライアントの売上に貢献してきました。

 

その経験から得た

「メルマガセールスの秘密」

メールマガジンの読者限定でプレゼントしています。

 

インターネットを使って売上を上げるには、

ちょっとしたコツを抑えておくこと。

それさえできれば、誰でもしっかりと売上があがります。

 

もしあなたが、

ネットを使っているのに、思うような売上につながらない・・・

こんな悩みがあるなら、

そのコツが抑えられていないだけ。

 

つまり、あと一歩で、

歯車が噛み合いはじめて、ドサドサと

商品が売れていくようになります。

 

とはいえ、「ただ売れればいい」というワケでもありませんよね?

 

しっかりと、自分の作った商品への想いや、

いかに価値があるものか?もお客さんに理解してもらいたいハズです。

 

弊社は、ただ売上をあげるのではなく、

販売者の理念、信念をしっかりと

届けながら、売上をつくる、という点で自信があります。

 

「商品・サービスの光を、お客さんに届ける」

このことを大事にしているからです。

 

あなたの商品・サービスがより多くの

お客さんに届くことで、日本が明るくなり

今よりもっと世界が良くなる。

そう強く信じています。

 

弊社のWEB活用、売上アップの方法を学び、

一緒に実践してみませんか?

 

無料で読めますし、必要がなくなればすぐに解除ができます。

一切リスクはないことをお約束します。

 

以下から、メールアドレスを登録して、

WEBで売上を上げるための方法を手に入れてください。

⇒ 『WEBで売上をあげる秘密』を読んでみる

 

あわせて、⇒僕の理念・価値観も読んでもらうと、

より理解が深まるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

川崎達郎

 

※もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです!
(すぐ下のボタンからシェアできます) 

おすすめの記事