人心掌握の心理学

お客さんに情報を伝えるときの1つの注意ポイント

ベビちゃんのグズりが
最近エスカレートしています。

具体的には、昼のベビー布団にいるときのグズりがハンパないです。

夜は、奥さんと一緒にテンピュールの布団に寝ていて、
比較的ご機嫌な様子ですし、すんなりと寝てくれます。

が、昼になってベビー布団に置くと
グズりだし「フェンフェン」言っています。

まぁ、かわいいっちゃかわいいんですが、
おとなしくしてくれるのに越したことはありませんよね。

グズる原因

で、これの原因なんですが、最近ハッキリしました。

実は、このベビー布団、ベビちゃんが
我が家に来る前から準備していたのですが、
来る前に猫におしっこをひっかけられました。

なので、クリーニングに出したんですね。
で、クリーニングから返ってくる前に我が家にベビちゃんが来ました。

「ど、どうしよう・・・」そう考えたあげく、
戻ってくるまでソファにベビちゃんを寝かしておいたんです。

ソファはふんわりしていますから、
その感覚に慣れてしまったベビちゃんは、
いざせんべえ布団のようなベビー布団に寝かせると、
「固い!」と言わんばかりにグズり出すことが判明しました。

だから、今でもグズったときにソファに置くと機嫌がよくなります。

グズりをビジネスに活かす?

似たような現象で「初頭効果」というものがあります。

簡単に説明すると、
「最初に出会った情報に引っ張られる」ということです。

例を使って説明しますね。

たとえば、「メルマガは大体30分で1記事書けます」と情報を提供するとします。

すると、メルマガについて始めて情報を受け取った方は
「メルマガって30分で1記事書けるんだ」と思い込みます。

だから、実際に書いてみると30分で書けます。
(正確には、30分以内で書けるように努力します。)

が、これが「メルマガは大体1時間で1記事書けます」
というと、同じ人であっても1時間で書くようになるのです。

つまり、最初に得た情報が、
・30分で書ける⇒30分で書くようになる
・1時間で書ける⇒1時間で書くようになる
こんなふうになるのです。

似たような例をもうひとつ話すと、
就職していたときに扱っていた商品の値段と、
独立してから扱う商品の値段は同じくらいになる、というデータもあります。

つまり、文房具や野菜などのコモディティ商品
を扱うと単価が低いので、独立してからも単価が低い商品を扱うようになります。

一方で、不動産などの金額の大きいものを扱っている場合は、
独立してからも単価の高い商品を扱うようになります。

このように、「最初の情報に引っ張られる」習性が人間にはあります。

あなたが商品・サービスを提供する場合は、
常にこれを意識して情報発信をするといいですね。

そうすれば、あなたの発信した情報にはじめて触れた人は、それが「基準」となります。

参考にしてみてください。

P.S.
メルマガを書く時間ですが、1記事15分で書けます。
この時間を基準にしてください。

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。