効率的仕事術

紙とペンがあればできる「やる気が出る」方法

こんにちは、川崎です。

先日、ゼロ秒思考という本をオススメしました。

(記事:オススメの思考整理本「ゼロ秒思考」

で、あれから毎日「メモする」という習慣を続けています。

その写真がコチラ

メモでやる気アップ

(こんな感じで、PCの横にメモを置いて、
ことあるごとに書き殴るといった感じにしています)

これ、続けると「やる気」までアップすることに気がつきました。

メモでやる気がアップする理由

その理由は、僕だけかもしれませんが、
「頭がゴチャゴチャする」とやる気がなくなるんですよね。

というか、何をしていいかわからなくなります。

僕にお会いしたことのある方は、
「え!そうなの?」と思われるかもしれませんが、
僕はバリバリの「内向型」です。

なので、考えるよりまず行動!というタイプではありません。

どちらかといえば、考えて考えて、重い1歩を踏み出すっていうタイプ。

そういった一面もあるので、
メチャクチャ頭の中でイロイロ考え事してしまうんですよね。

世の中に出回る本なんかを読むと、
「考える前に動け!」なんて主張もあって、
そういう主張をする人に限って、慎重派をバカにしますが、
まぁ気にする必要はありません。

彼らは彼らでそういったタイプだし、
僕らは僕らでこういうタイプです。

相手に合わせると息苦しいだけなんで、合わせる必要はありませんよ(笑)

ビル・ゲイツやガンジー、
アインシュタインとかも内向型ですしね。

話はそれましたが、メモをすることで
そのゴチャゴチャした頭が整理されます。

なので、「あ、これからやろ!」とか
「これだけやればいっか!」と納得がいくんですよね。

なので、あなたがもし、僕のような内向型タイプであれば
メチャクチャオススメです!

外向型タイプであれば、たぶんあまり物事を
突き詰めて考えないと思うので、バリバリ行動されるのがいいと思います!

あなたは、外向型?内向型?

「川崎さん、私はどっちのタイプかわかりません!」

と言う疑問が浮かびました?

であれば、以下の本を読んでみてもいいかもしれません。

Quiet 内向型人間の時代

Quiet 内向型人間の時代 スーザン・ケイン著 講談社

この本の中に、内向型人間かどうかのチェックリストがあるので、それを引用します。

グループよりも一対一の会話を好む

文章のほうが自分を表現しやすいことが多い

ひとりでいる時間を楽しめる

周りの人にくらべて、他人の財産や名声や地位にそれほど興味がないようだ

聞き上手だと言われる

大きなリスクは冒さない

ジャマされずに「没頭できる」仕事が好きだ

誕生日はごく親しい友人1人か2人や、家族だけで祝いたい

他人と衝突するのは嫌いだ

考えてから話す傾向がある

外出して活動したあとは、たとえそれが楽しい体験であっても、消耗したと感じる

忙しすぎる週末より、何もすることがない週末を選ぶ

一度に複数のことをするのは楽しめない

いかがでしたか?

これに、当てはまるほど内向型タイプです。

僕は、すべてに当てはまります(苦笑)

もし、あなたが内向型タイプにあてはまる場合は連絡ください。
お近づきになりたいです(笑)

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。