売れる!セールス&文章術

セールスレターの修正ポイントを見つけて売上アップ!

こんにちは!川崎です!

僕はとあるメディアにて、
【コピー添削&修正サービス】 を提供させていただいています。

活用してくださる方は、目の前のモヤモヤしていたものが
一気に晴れるような気分になる、とも言ってくれていて、
どんどんセールスページを更新して良い結果を出されています。

そんななかで気が付いたこと。

それは、

1,みなさん素晴らしい商品や サービスを提供しているということ。

2,それに加え、情熱を持って ビジネスに打ち込んでいらっしゃるということ。

3,だけど、うまくそれを言語化して セールスレターに落とし込むことが

できていないということ。

この3つです。

この原因はカンタンで、

「すべて自分でやろうと思っているから」

だと、僕は思っています。

自分のことは自分がよく知っているという反面、
自分が知らなかったことを他人が教えてくれて
「え、そうなんだ自分?!」ってなることがよくありますよね。

ジョハリの窓、とか言ったりもします。

これはセールスレターでも一緒なんです。

たしかにセールスレターの制作を
ライターに頼めば、それなりの金額がかかります。

しかし、、、

あなた1人で書くセールスレターよりも、

「もっと売れる可能性を大いに秘めている!」

ということが言えるのは確か、です。

なぜか?というと、、、

自分1人で書いたセールスレターには、
必ず「修正ポイント」のような穴があります。

それを書いた本人が見つけるのは、至難の業。

  • あなたひとりでは気がつけないポイントを見つけること。
  • 煽るのではなく、共感してもらえるレターにすること。
  • 読み手が読みやすいように、1文字レベルで精査していくこと。
  • そして、しっかりと売上につなげること。

これが、セールスライターのお役目だと、僕は思っています。

そんななかで、とくに僕が大事にしているのは、

「徹底したヒアリング」ですね。

最低でも1時間は最初にお話させてもらいますし、
時には、2時間、3時間になることもあります。

基本的なリサーチ項目は当たり前として、

他には、

  • クライアントのストーリー
  • そのビジネスにかける情熱や思い

などは、特に丁寧に掘り下げていきます。

それによってセールスレターに命が宿るからです。

もはや、 「ベネフィット」「オファー」全面の
セールスレターは売れにくくなる時代に突入しました。

これからは、

  • 燃えるような情熱や理念
  • どういった理想の未来にお客さんを連れて行けるのか?
    (あるいは、連れて行こうとしているのか?)

そういった部分を打ち出して、
共感してもらうのが必須の時代になるでしょう。

僕も1つ1つ、そのサポートをより良くできるよう、
日々、精進しています。

ちなみに、よく見つかる修正ポイント
のなかには どんなものがあるかというと、、、

  • このヘッドラインを変えた方がいいな
  • こういうオファーもあったのか!

なんていう、コピーの成約率に大きく関わることばかり!

重要ですよね♪

なので、もしあなたが自社の
セールスレターを持っていて、それに反応がない、、、
という場合でも、落ち込む必要はありません!

まずは、家族や友人に
「このレターどう思う?」と聞いてみましょう。

具体的には、

  • どのあたりがわかりにくいか?
  • どのあたりが胡散臭いか?
  • どんなオファーだったら嬉しいか?

こんなことを聞いてみると、
新たな発見とアイデアが思い浮かんでくるハズです!

 

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。