集まる!マーケティング

ビジネス成功の可否を決定づける!オファーについて解説!

こんにちは、川崎です。

ビジネスをうまくいかせるためには何が必要か?

答えはいろいろとあります。

  • ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぶ
  • コピーライティングを学ぶ
  • 最新のSNS集客を学ぶ

などなど。

でも、根幹にあるのはあなたとお客さんの
「商取引」ですよね?

そして、その取引が成立しなければ、
売り上げはあなたの元に入ってきません。

まわりくどくなりましたが、なにが必要か?

 

それはズバリ、お客さんがあなたと「取り引きしたい」
と思えるような強力なオファー作りをするということです。

ビジネスの成功を決めるもの→オファー

そう、ビジネスの成功を決めるもので
とりわけ重要なのは「オファー」なんです!

 
オファーは日本語に言いかえると「提案」です。

つまり、この提案をいかに強くしていくか?
が重要なんですね。

たとえば、
りんご1個100円というオファーがあったとします。

それが、
りんご1個70円というオファーもあったとしたら?

当然、お客さんは1個70円のりんごを買うでしょう。

でも。

りんご1個におまけのキウイを1個つけて110円だったら?

もしかすると、それが一番売れるオファーに
なるかもしれませんね。

オファーとは何か?

このように考えると、単純に
値段がよければ強いオファーになるのか?
というとそうでもないことがわかります。

では、強力なオファーとはどんな要素が入っているのでしょうか?

 
僕が考える強力なオファーに必要な要素は4つあります。
 
  1. 強力な結果が得られるもの
  2. 簡潔性のあるもの
  3. お得感を感じられるもの
  4. 安心感があるもの
 
この4つを満たせば満たすほど、オファーは
強力になって、お客さんのほうから
「あなたと取り引きしたい!」と言ってくれるようになります。

たとえ、あなたが高額な請求書を発行したとしても!

 

強力なオファー4つの要素

では、ひとつずつ簡単に
わかりやすく学んでいきましょう! 

1.強力な結果が得られるもの

お客さんは、「問題を解決するために商品を買います」

ディズニーランドも日頃のうっぷんとか、
退屈な毎日を解消するために行ってるんです。

こんなことを言うと、
夢を壊すかもしれませんが苦笑

でも、きっと、毎日がハッピーで
最高に幸せな毎日だったら、ディズニーランド
になんていきません。

話がそれました〜
 
このように、
「問題を解決する力が強ければ強い商品」
ほど、オファーも強力になります。

たとえば、

  • 1ヶ月で500gやせられるダイエットサプリ
  • 1ヶ月で10kg減、100%保証のダイエットサプリ

あなただったら、どっちがほしいですか?

ひねくれた答えじゃなければ、後者だと思います。 

2.簡潔性のあるもの

次に大切なのは、「簡単に、早く、誰でも」
その結果が手にできるか?

ということです。

仮に、さっきのダイエットサプリが
あったとして、これが100種類の飲み方を
マスターしないとダメ、ということだったらどうでしょう?

あるいは、10kgやせるのに8年かかると言われたら?

間違いなく売れません。

なので、簡潔性・簡便性のあるものを
約束できるなら、それは強力なオファーになります。

3.お得感を感じられるもの

次の要素は「自分、得した」とお客さんに
感じてもらえるような提案をするということです。

たとえば、テレビショッピングでよく見るのは
価格を発表したあとに、

「さらに!なんと!今ならこちらの○○も
プレゼントします!」

という特典をつけることがほとんどですよね。

あれは、「これもつくって、得するじゃん!」
と思わせるために、意図的にやってるんですね。

あとは、「限定何個」とか「期間限定」
も同じ働きをしています。

ようは、それを逃したら手に入らなくなる
という焦りも生む一方で、それを持っている
自分って特別だよね。と思わせることができるんですね。

4.安心感があるもの

とはいっても、
「そのオファーがしっかりと守られるのか?」
が一番大事ですよね?

そこが拭えないと、二の足を踏んでしまいますから。

だから、対面のセールスだったら
誠実な人柄を意識する事が必要だし、
誠実なビジネスをしていくことが重要です。

その積み重ねが「ブランド」になって、
競合じゃマネできない強み、オファーができるんです。

なぜ、オファーが必要か?

繰り返しますが、自分が得をした!と思ったときに、
人は行動します。

つまり、商品を買ってくれるということです。

で、それが圧倒的になるほど、よく売れていきます。

なので、あなたがビジネスをするうえで
オファーは必ず必要になります。

ぜひ人を興奮させるようなオファーを考えだし、
そして世に出してみてほしいな、と思います。

どんなオファーが効果的なのか?

じゃあ、実際にどんなオファーが効果的なのか?

最後に、少しだけそれを見ていきましょう。

無料

これは、「最強のオファー」とも言われています。
お客さんからしたら、財布の紐をゆるめずに、商品が
手に入る訳ですからね。

よく使われるケースとしては、
「リスト取得のため」に無料オファーが使われます。

つまり、「○○を無料でプレゼントするから、
代わりに連絡先(メールアドレスなど)をくださいね」

というやつです。

1ヶ月無料

これは、実際に商品を無料でお試しいただき、
満足した場合、1ヶ月後に代金をお支払いいただきます。

というオファーです。

よく使われるのは、数ヶ月にわたる学習プログラム
などを販売するとき。

ようは、まず入ってもらって、価値を確かめていただき、
そして価値を感じた人にだけ、参加してもらう、というものですね。

お試し価格

これは、定価ではなく圧倒的に(価格を下げた)魅力的な価格で
1度商品・サービスを提供して、価値を理解してもらう
という戦法です。

使い場面としては、
これも「リストをとるとき」によく使われます。

たとえば、整体で
「通常の施術が45分3,980円だけど、初回500円!」
みたいなオファーがそれにあたります。

あとは、フロントエンドで「自社の商品の価値」
を理解してもらいたいとき、にも使われますね。

返金保証

これは4要素でいう「安心感」を高めるため
に使うオファーの1つです。

つまり、「お客さんに損をさせないための処置」です。

お客さんが「これ、買って損だった」と
感じた場合、それがクレームにつながる場合もあります。

そうじゃなくても、リピーターには絶対に
なりえませんし、悪評をまわりに言うこともあります。

だったら、返金して精算したほうが
お互いハッピーですよね。

なので、フロントエンドを販売する時は
返金保証をすることが強力なオファーにつながります。

まとめ

いかがでしたか?

まぁ、今回は「オファーとはなんぞや?」
という話が理解できて、他人に「オファーって○○なんだぞ」
と説明してもらうことができれば、万々歳です!!

さらにつっこんだ話を、今後もしていくので
どうぞ楽しみにしていてください!

有り難う御座いました!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。