ビジネス実践記・教訓

ホスピタリティを歌のお姉さんと歯医者から学んだ話

こんにちは!川崎です。

以前、不運が重なっていたときの話です(涙)

ことの始まりは、頭痛でした。

僕は、普段かなりタフで、風邪もほとんど
引かないので、熱が出たときは

「オレの人生もここまでかもしれない・・・」

と本気で思うほどです。

そして、それをかなり本気で家族に

伝えると「バカじゃないの?」と冷たく
突き返されます笑

治らない頭痛・・・

まぁ、そんなこんなで
「頭痛ごとき、てやんでぃ!」と2~3日様子を
見ていたんですが、一向に回復しません。

それに、頭痛の感じがどうも風邪のそれとは違う・・・

で、たまたま歯医者に歯の検診に
いったところ、かなり進行している虫歯が見つかりました。。。

そう、頭痛の原因は「虫歯」だったんです。

僕が通っている歯医者さんは、
腕はたしかな様子なのですが、まー説明不足。

今回も、麻酔をするくらい深い虫歯だったのに、

「麻酔して、治療しなきゃだね」

これしか言いません!

おーーーいっ!!

もっと説明することあるでしょーがっ!!

さすがに、麻酔をしたことがない僕は
ビビりまくり、いろいろ聞いて、やっと
安心して治療に意識を向けることができました。

繰り返しの日々は麻痺してくる

でも、これって僕が先生の立場に
なってみると、わからないでもありません。

先生は、麻酔を使うことや、虫歯の治療
なんて、それこそ何万回とこなしているでしょう。

感覚としては朝飯前!くらいのものだと思います。

だから、

「説明不要!だまって信用してろぃ!」

こんな気持ちだと思うんです。

きっと、あなたもご自分のビジネスで
何度も何度も何度も何度も
口にタコができるくらい、同じ質問をされ、
それに答えていると思います。

そして、職人気質のタイプであれば、

イチイチ説明するのが面倒臭い!

とストレスになっているかもしれません。

ただ、もしも、「心当たりがある・・・」という方は
もう一度、お客さんの立場にたってみてください。

そのお客さんにとってみると、その瞬間は
同じようなことが100回あるなかの1回じゃありません。

1/1回かもしれません。

じゃあもし、

目の前の「1/1」に、今、立ち会っているとしたら、
どんな接し方になるでしょうか?

おかあさんといっしょのうたのお姉さんの話

ちなみに、「おかあさんといっしょ」っていう
子ども向けの番組を知っていますか?

NHKの教育チャンネルで歌のお姉さんと、お兄さんが、
一般の子どもと一緒に歌って踊って遊ぶ番組です。

歌のお姉さん、お兄さんにしてみたら、
決まった歌を、毎回毎回収録しているんですね。

月~金まで、ほぼ番組の収録で、
同じ歌を、これまた何回も何回も歌います。

正直、僕なら繰り返しにめげます。

2人がその時に大事にしていることは、

『遊びにくる子どもたちにとっては、
楽しみにしていた大切な1回。

その1回を思い切り楽しんで
もらえるように、全力を尽くしています』

だそうです!

この話が、少しでも
あなたのビジネスに役立てば幸いです!

 

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。