オススメ本

最高の自己啓発書と出会う方法

数ある本のジャンルの中でも、
「自己啓発書」ほど玉石混交なものは
ないんじゃないか、と僕は思っています。

理由はシンプルで、新しい自己啓発書のほとんどが
「古典」をベースにして、自分の体験したこと、
うまく言ったことを書籍にしているだけのケースがほとんどだからです。

自己啓発書の役割

自己啓発書の役割を、僕は
「モチベーションがアップする」
「元気になる」
「勇気が湧く」
「プラス思考になる」
ためのものだと考えています。

で、勘の鋭い方はピンと来ると思いますが、
これらって人によってまったく違うんですよね。

なぜなら、人の心次第だからです。

たとえば、営業術とか仕事術は
ある意味システマチックな作業なので、
その通りにやれば同じような結果が得られることも少なくありません。
(ようは、やるか・やらないかの問題です)

でも、自己啓発はそういうワケにもいきません。

「自分が天才だと思って行動しろ!」なーんて言われても、
「自分は究極にバカだ」って思ってたら、なかなか急に
方向転換はできないですよね?

この点で、多くの自己啓発書とか、セミナーは著者・講師が
半ば強制的になってるよなーと僕は感じています。

ピッタリの自己啓発書と出会うには?

かなり前置きが長くなりましたが、
じゃあ一体、どうすれば自分にピッタリの自己啓発書に出会えるのか?

それは、ただ有名人がオススメする本を
買うことでは見つかりませんし、ひたすら古典を
読むという方法でもありません。

それは、「ひたすら量をこなす」ということです。

つまり、自分がこれだ!と思う作家に出会えるまで、
諦めずに本を読み続けて下さい。
立ち読み、レンタル、購入、なんでも構いません。

とりあえず読むのです。

これが最善の出会い方だと僕は思います。

たとえば、自己啓発書の有名所では
ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」があります。

まぁ、成功者がこぞって紹介する本です。

でも、僕はどうも苦手なんですよね。
暑苦しい体育会系の匂いがするので。

それよりも僕はアール・ナイチンゲールとか
ジョー・ヴィターリの教えの方がしっくり来るワケです。

これは本当に人によって違うので、
あなたも自分なりの先生を見つけて欲しいと思うのですが、、、

「うわ、めんどくせぇ!」なんていうふうにぶっちゃけ思っていますよね?

だから、そんなあなたのために
数稽古をする中でも、より「少なく」あなたに
ピッタリの自己啓発書と巡りあう方法をお伝えします。

良い自己啓発書と出会う方法ステップ1:
ネットではなく、リアル書店で

良い本に巡り会うきっかけは、
断然オフラインの書店の方が多いと思います。

基本的に、ネットはあなたの嗜好に関連づけられた
ものしか画面に出てきません。

たとえば、自己啓発書ばかり読んでいたら、
オススメも自己啓発書でしょう。いきなり自然科学の本を
オススメされることはありません。

一方で、書店にいってグルグル回るとそれらの本も自然と目に入ってきます。

また、同じジャンルでも「こんなの知らなかった!」
という本が思いのほかたくさんあることに気がつくハズです。

気になった物を手にとってみましょう。
それが、あなたの人生を変える一冊になるかもしれませんよ。

良い自己啓発書と出会う方法ステップ2:
「思考は現実化する」と「ザ・シークレット」
は読む

「結局、それかよ!」と思うかもしれませんが、まぁ聞いて下さい。

思考は現実化するっていうのは、
いろんな自己啓発書のベースになっているものです。
だから、これを読むことで、これから読んでいく本をセグメント化できるんです。

「あぁ、これって思考は~でいう○○の部分だな」って。
あとは、その解説部分がしっくり来るかこないかはあなた次第。
そのためにも、基本をおさえて置くことは重要です。

同じく、「ザ・シークレット」もです。

また、この本は数々の著者が出てきますので、
その人たちの著書を辿っていくことができます。
その中にあなたのお気に入りがあるかもしれません。

良い自己啓発書と出会う方法ステップ3:
引用をたどる

本を読んでいると、その中で「別の本」を紹介していることがあります。
または、巻末で参考文献を一覧にしている書籍もあります。
その中から興味のあるものを読んでいきましょう。

そして、そこからまた紹介・参考文献を探し出して読む。
これを繰り返すことで、ゼロから本を探す手間をかなり
省きつつ、お気に入りに近づくことができます。

どうですか?

ぜひ、このステップをぜひやってみてはいかがでしょうか。

あなたが
「たとえ無人島に行くことになったとしても、持っていきたい一冊」
が見つかることを心から祈っています♪

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。