売れる!セールス&文章術

読まれなくなるメルマガ、やってしまいがちなミスとは?

こんばんは、川崎です。

とあるメルマガ発行者の話。

 

この方は、いつものメルマガの

文章量がとても少なく、決まって

「続きは明日!」

と引っ張っています。

 

まぁ、僕は引っ張るのに反対ではありません。

そうやって、継続して読んでもらえれば

一貫性のトリガーが発動して、

長期間読んでもらいやすくなりますから。

 

しかし、この発行者には別の問題がありました。

 

何かというと、

引っ張る回の文量は少ないのに、

大事なことを伝えるときになると、

決まって文章量が増えるのです。

 

コレ、「離脱率」がハンパなく

上がる愚策のひとつです。

実際、僕も途中で読むのをやめました。

 

なぜ離脱が増えるのか?

 

少し考えてみれば簡単な話です。

要は、短文に読者が慣れると

「この人のメルマガって、

これくらいのエネルギーで読める」

と、読者の脳は無意識に判断します。

 

それが、そのエネルギー量を

超えると、脳がパニックになるんです。

 

「え、え?!なんだ?!

普段なら、もう終わりなのに

まだ終わらない!」

 

すると、余計なエネルギーを消費

しなければいけませんよね。

 

でも、急な変化に人は耐えられません。

 

結果、

「エネルギーを保存しよう」

という性質が働いて、読むのをやめます。

 

これが離脱率が上がる原因です。

 

僕も、メルマガで短文を送るのはアリ

といろいろな場所で言っています。

 

それが、スパイスにもなりますから。

でも、短文を続けるのは良くありませんね。

今回の経験からも、それを強く学びました。

 

ちなみに、普段のメルマガなら、

600〜900字程度に収めるのがいいと思います。

短いときでも、300字以上は欲しいですね。

 

じゃあ、日頃から短く書いている人は

もう長文を読んでもらえないのでしょうか?

という疑問が湧いてくると思います。

 

「解決策はあります!(小保方さん風w)」

その方法は、明日お話しますね(#^^#)

 

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。