効率的仕事術

やる気が起きないときの対処法

今日は少し寝坊をして、、、(11時くらいに起床w)

そこから、終わらせる仕事をパパッと終わらせて、
夕飯の買い物に付き合い、娘のおむつを交換して、沐浴をしているうちに、、、

こんな時間になってしまいました。

なので、正直、ブログを書く気力も集中力も残ってはいません。

とはいえ、こんな状態からでもあなたに伝えることはあります。

腰が重いのは最初だけ

それは何かというと、「1分でいいからやってみよう」ということです。

事実、この文章を書き出す前、
「今日はいっか」「明日しっかりした内容を書こう」
という”言い訳”をして書くのを先延ばしにしてしまおうと思いました。

でも、少し考え方を変えてみたんです。

「未来の結果を作るのは、今日の自分。
本当に胸を張って今日を終えることができるのか?」と。

答えは「ノー」でした。

だから、重いまぶたを必死にあけ、
回らない頭で少しでもあなたの役にたつといいな、
という気持ちで書いています。

すると、、、

書けるもんですね。
今、なんだかこの文章を書いている様を
まるで実況中継しているようですが、本当にタイプする指がノってきました。

これも、「ま、がんばって1分だけ書いてみよ♪」と
思って書き始めたからに他なりません。

科学的にも実証済みです

あなたは知っていますか?

一度、始めてしまえば
「やる気のスイッチ」が入って、どんどん作業が進められることを。

まぁ、理論的には知らなくても体感で理解しているかもしれませんね。

これは、実際に心理学者のクレペリンさんという人や、
レナード・ズーニンさんという方が提唱している効果実証済みの方法です。

なので、あなたも乗り気がないときは、、、

「まず1分」やってみてください。

1分できれば、2分できるハズです。
そして、2分できれば3分できるハズです。

3分できれば4分できて、、、
あとはもうエンジンがかかりっぱなしになりますよ!

ぜひ試してみて下さい!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。