使命・天命・天職

ひょんすぎる所から、天命の一端を垣間見た!

マジでか!

マジで、こんな場所で降りてくるのか!

そんなことが、昨日あった、餃子マスターの川崎です。

いや、僕の大好物が餃子でしてね。

家で、皮から作るくらい好きなんですよ!

 

そして、昨日も無心で皮をコネコネしていたワケです。

で、その時に、まさかの「最近ずーっと立てていた問いの答えが降りて来た」んですっ!!!

「川ちゃん、何その問いって?」

というと、ちょっと重苦しく感じるかもですが、

「自分の天命とは何か?」

「自分は、どんなときにもっとも喜びを感じるのか?」

という問いです。

 

これが、いっつもいっつも、考えても考えても出てこなかったんですよね。

浮かんだとしても、数時間後には「いや、やっぱ違うな」ってなったんです。

そんなことで、もう数年間も続けて考えていたことでもありました。

 

でも今回は、

「うぉ、マジでか!まさにそうだわ!」

答えが降りてきたとき、そうとしか思えませんでした。

一晩明けた今でも、その回答にしっくり来ています。

 

「オレの天命はコレのみ!」とひとつに限定する気はサラサラないけど、とにかく大きな重荷がひとつ減ったなという感じです。

じゃあその降りてきた答えって何なの?

ってことなんですが、ズバリお客さんから「こんなのは初めてです。」というひと言をもらうってことでした。

つまり、 お客さんにとって『初めての男になる』こと。

なんかエロいな(笑)

  • 初めてだから嬉しい
  • 初めてだから楽しい
  • 初めてだから感動した
  • 初めてだから笑った

って言われると、猛烈に嬉しいことに気が付きました。

 

と、同時にハッとしたことがあります。

何かというと、実は僕、自分の守護神を見てもらったことがあるんです。

その神の功徳が「無から有を生み出す神」でした。

おまけに、自分の特質も「ゼロから何かを作り出す」という特質。

 

あぁ、だからスワイプファイル(売れた広告をパクる)とか嫌いなのか、と(笑)

なので、これからの自分の生きるテーマがメチャクチャ鮮明になったんですよね。

 

それは、「無から有を生み出す苦しみを楽しむ」ってことです。

特質はあっても、「無から有を生み出す」ってメチャクチャ大変です(笑)正直、苦しいですわ。

でも、それを楽しむってことなのねん♪

ありがとう神様!

いや〜スッキリしました!

 

ということで、これからもよろしくお願いします^^

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

川崎達郎

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。