売れる!セールス&文章術

セールスレターは文章だけでいいのか?

おはようございます!川崎です。

今日はセールスレターに関していただく、 こんな質問に対する、僕なりの回答をしたいと思います。

Q.写真もろくにない文章だらけのレターで売れるのか?

という質問です。

最初に答えを言うと、

A.業界によって答えは変わります。

たとえば、ファッション関連とか インテリア関連であれば、それは写真を たくさん使った方がいいですよね。

一方で、教材やニュースレターなどの 販売であれば、写真がなくても売ることができます。

情報を扱うなら、画像の取り扱いは慎重に!

そして今回は前者ではなく、後者。

あなたが情報を扱っていて、それを教材などで 販売したいのであれば、画像の取り扱いには 慎重になることをオススメします。

なぜか?

理由を説明すると、 パソコンでテキストファイルを保存しても せいぜい数十~数百KBなのに対して、画像は 数MBになることも珍しくありません。

つまり、それだけ情報量が多いと言えます。

情報量が多いということは、相手に与える 影響力も大きいということです。

たとえば、よくある胡散臭い情報商材。

そのセールスレターには、 ・ビーチ ・高級車 ・タワーマンション ・お金 ・美女を囲んでのパーティー

こんな写真が、必ずといっていいほど、 所狭しと並べられています。

その狙いは、これらの写真を見せるだけで、読み手に その欲望を駆り立てさせることができるからです。

そして、

「その欲望は、この商品を買うことで(しかも簡単に)満たせます!」

と煽って売っているワケですね。

でも、お客さんからすると、 いざ買った後に「なんで買ってしまったんだ!」 と後悔することが多いし、簡単に満たせないことがわかると クレームにも発展します。

あとは、ネットに誹謗中傷も書かれますよね笑

文章だけのセールスレターはどうなのか?

一方で文章だけのレターはどうか?

これを説明するには本がピッタリです。

ビジネス書も小説も、絵が使われるよりも はるかに多くの文章量がありますよね。

それを読めるというのは、読解力がある証拠です。

そういった方は、論理的思考力があり、 お客さんとしてもとても良い人が多いです。

なので、教材を買ってくれた後も、 自己責任のもと、活用してくださる、というわけです。

ということで、もう一度結論を言うと、、、 セールスレターは文章だけでいいのか?というのは、

・何を売るか、で答えは変わる ・情報を扱うなら、文字ベースのほうが良いお客さんが集まる

です。

参考にしてみてください。

あなたのビジネスがどんどん繁栄することを祈っています!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。