精神的教養

【引き寄せの法則】発動させるために必要な心構えとは?

川崎です(^^)/

前回の続きです。

前回は、「自分以外の人の望みを引き寄せられるか?」

ということで、答えは「ムリに等しい」ということでした。

 

詳しくは、【引き寄せの法則】自分以外の人のことも引き寄せは可能か?を読んでみてね♪

 

さて、じゃあ、本人が「そうありたい!」と願っているとしましょう!

前回の例だと、「今は不登校だけど、学校に行きたい!」

というケースです。

 

もっと言えば、

「学校に行って、みんなと仲良く遊んでいる」

こんな未来を引き寄せたいハズです。

 

その時に必要なのは、「自分の在り方」を変えていくことです。

 

で、ここがポイントですが「過去の自分」を

ふり返るとどうしても「イジメられていたトラウマ」が

よみがえってきます。

 

そんな自分もまずは受け入れること。

そして、「これからは違う未来を選ぶ!」と決断すること。

 

これが重要なんです。

 

要するに、自分の意識をどこに向けるか?ということです。

 

よく、「過去の傷を癒やす」なんてワークがありますが、

これは過去の自分に意識を向けることになります。

 

流れの速い現代で、そんなことやってる場合じゃありません。

 

場合によっちゃ、過去世まで遡るカウンセラーとかいますよね。

どんだけ遡るんだ、と(笑)

 

まぁ、本当にそれが必要な人もいるんですけど、

それって、「極度に水が怖くて、顔をつけることもできない」とか

そういう人に限ります。

 

しかも、そういうのを治す場合、

そこら辺のカウンセラーとかヒーラーじゃムリです。

 

話がそれました。

 

なので、不登校の場合だったら、

「過去、イジメにもあったけど、そんな自分でもよかった。

だから、人の辛さや弱さもわかってあげられる。

でも、もう僕はイジメられないぞ!」

と決断するのです。

 

すると、自然とそれを試す現象がやってきます。

友達のBくんから「学校きなよ!」と

誘われることかもしれませんし、

先生が手を差し伸べてくれるかもしれません。

 

そこで、過去を振り切り、未来に進めるか!

が試されるんですね。

 

まぁ、今回の例が小学生だったので

ちょっと酷な気もしますが、大人の場合もそうです。

 

貧乏だけど、お金持ちになりたい!

そう考えて、引き寄せたいなら、

まずは貧乏だった自分を受け入れること。

 

そして、「お金を稼ぐ!」と決断して、

創意工夫を重ねて仕事に励むこと。

 

そうすることで、お金持ちになることを試す現象が訪れます。

それに「えいや!」と乗る!

それが、引き寄せの法則の極意です^^

 

ちなみに、イジメられる子は筋トレをするといいですよ。

イジメられる子のほとんどは、

筋肉がなくて、オーラが弱々しいんですね。

 

だから、筋トレをして、オーラを

もとの輝きに戻してあげることが必要になります。

 

ほら、イジメられっ子が空手を習って、

イジメられなくなったって話、よく聞くじゃないですか。

それがまさに好例です。

 

だから、僕の子どもがイジメられたら、

僕は一緒に筋トレを始めますね。

僕のぷよぷよお腹も凹んで一石二鳥です!

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。