成功する!マインドセット

お金持ちになるための正しいアファーメーションのやり方を公開!

こんにちは、川﨑です。

もし、引き寄せの法則とか、
西洋文化の成功哲学を学んだことがあるならば、
「アファーメーション」についてはよくご存じのハズ。

斎藤一人さんもよく、

  • ツイてる
  • 私は幸せなお金持ちです
  • 豊かだなぁ、幸せだなぁ

とたくさん言ったらいいよ、とおっしゃっていますよね。

 

でも、「やってはみたもののイマイチ効果なくない?」
と思ったことはないでしょうか?

 

そこで今日は、
「アファーメーションって実際はどんなものなのか?」

そして、
「どんなときに、アファーメーションを唱えればいいのか?」

ということをお話しますね!

アファーメーションをする目的

では、まずアファーメーションってそもそも何?
ってことなんですが。

これは、ズバリ「潜在意識さんを味方につける方法」なのです。

 

僕たちの意識には、
顕在意識と潜在意識さんが存在しています。
(実際には、そのさらに深くに集合無意識
というのがあるのですが、ややこしくなるので割愛)

で、この顕在意識さんと潜在意識さんの
戦闘能力が「あまりにも違いすぎる」んです。

数にして、顕在意識:潜在意識=1:1000と思ってもらって構いません。

つまり、顕在意識の意志力が1だとしたら、
潜在意識の意志力は1000あるということです。

 

普段僕たちは、「顕在意識」を使って
物事の判断をしたり、行動したりしますよね。

でも、それは裏で潜在意識さんに
黒幕として操られているようなものなのです。

 

意志力が弱いのは、あなたのせいではない!

 

たとえば、あなたが
「副業でお金を稼ぎたい!」と思ったとしましょう。

顕在意識では、
「よし!毎日1時間副業のために時間を取るぞ!」
と決意します。

そして翌日、会社から帰ってきて

  • 「そうだ、オレは起業するんだ!、だから副業がんばるぞ!」
  • 「頑張れオレ!」
  • 「できるできる!」
    とケツにムチを打ちます。

これが顕在意識。

 

でも、そこで潜在意識さんはこう言います。

  • 「まぁまぁ、そんな力むなって。今日ちょっとだらけたって変わんないって」
  • 「そんなムリして頑張ってお金持ちになって、それって本当の幸せか?」
  • 「まずは、ちょっとテレビでも見て息抜きしようぜ」 ×1000

 

・・・

 

どうですか?

あなたのがんばる決意の1000倍の
反対勢力が影で動いていたら、
どうやっても勝てないと思いません?

そこで、アファーメーションの出番!

とはいえ、潜在意識さんは「敵ではありません」。

そうではなく、
いかに味方につけるのか?が成功を左右する大きなポイント
なのです。

勘の鋭い方は、もうおわかりですね。

そうです、
潜在意識さんを味方につける儀式が「アファーメーション」なんです!

 

ではでは、私はお金持ちですとか、ツイてる!とかを
どんなときに使えばいいのか?

より効率よく潜在意識さんに届いて味方してくれるようになるのか?

というと、それは「リラックスしている時」です。

リラックスしている時というのは、α波が脳内に出ていて、
この時にアファーメーションがより潜在意識さんに届きやすくなるのです。

だから、力んで「私はお金持ちですって1000言うぞ!」ではなく、

ふとした瞬間に「私はお金持ちです」といった方が効果的

なのです。

なかでも、僕が特にオススメするのは、

・運転中

・入浴中

・就寝前

ですね。

運転中?と思うかもしれませんね!

たしかに、免許取り立ての時は意識が
ピンと張っているのでオススメできません。

でも、あなたがある程度熟練したドライバーであれば、
そこまで運転に意識を使うことはないでしょ?

むしろ、「さっき、ちゃんと青信号で通ったっけ?」
と一瞬ヒヤリとする経験をしたこともあるのでは?

 

それって、結構リラックスしている時なので、
α波が出ている可能性が高いです。

なので、そういった時に集中的に(かつ、力を入れず!)
アファーメーションを唱えてみて下さい。 

ちなみに、本を読むと「私は~になる!」とありますよね。

この「私は~」の部分を普段自分が言っている
呼び方にするのもポイントの1つ
だと思っています。

オレとか、ウチとか、ワシとか(?)

自分が普段使っている呼び方に変換させて
ぜひアファーメーションを楽しく唱えてみて下さい!

 

この方法で効果があったときは、ぜひ教えて下さいね!

 

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。