結局これが、最速の売上アップ法かもしれない・・・

(記事が面白かったら、ぜひ↑のボタンからシェアをお願いしますm(_ _)m)

こんにちは、川崎です!

突然ですが、あなたは

「フランク・ベドガー」さんを知ってますか?

 

著書に

『私はどうして販売外交に成功したか』

があって、全米屈指のセールスマン、と言われた人です。

 

まぁ、僕も持っていながら読んでいないのですが(笑)

彼について、別のこんな記事を目にしました。

彼は29歳まで失敗続きだった。

彼は当初、顧客が商品に対して熱意を持つよう 働きかけていた。

しかし、あるときやり方を変えた。

自分が商品に対して熱意を持つことを心がけたのだ。

その結果、顧客も同じように熱意を持ち、 商品を買ってくれた。

彼はそれをきっかけにセールスマンとして大成功を収めた。

ぶっちゃけ、コレ聞いてどう感じますか?

僕自身は?というと、

恥ずかしながら頭を「ガツン!」と殴られた感覚になったんですよね。

 

というのも、どうしても

  • マーケティング
  • コピーライティング

を学んで、使えるようになって、

それ中心で物事を考えるようになっていたからです。

 

「それやるためには、フロントでまずこれを売って・・・」

とか

「こんなヘッドで興味を引いたらいいんじゃない?」

みたいな。

 

でも、ビジネスでは、

もっと大事な根幹の部分があって、

それがフランクさんが言う「熱意」だと思ったからです。

 

思いかえせば、僕が一番はじめに売った商品も、

熱意”しか”ありませんでした。

 

マーケティングの知識も浅く、

コピーのスキルもそれほどなかったです。

 

あったのは、「これは良い商品だ!」

という強い気持ちだけ(笑)

 

なので、やったことと言えば、

メルマガで

・これはメチャクチャいい!

・買った方がいいですよ!

こんな、押し売り文句ばかりだった記憶があります(苦笑)

 

でも、その結果がまさに

================================ 

その結果、顧客も同じように熱意を持ち、商品を買ってくれた。

================================

これだったんですよね。

 

逆にいえば、燃えたぎるような熱意をまずもって

マーケティングやコピーを活用するなら、

さらにさらに!凄い結果だって出せるってことです。

 

ってことで、もっと自分自身

「熱意」を持とうと思いました。

じゃあ、どうやって熱意を持てばいいのか?

 

シンプルですが、批判や否定の思考は

一旦脇に置いておいて、

■いかにその商品が、お客さんの役に立つか?喜ばれるか?

これをいろんな角度から、考え、紙に書き出してみるのがいいですよ(^^)

 

『私はどうして販売外交に成功したか』

これも、本棚から引っ張り出して読んでみようと思います。

またシェアしますね♪

 

余談:

今日、11月15日は、「鬼宿日(きしゅくにち)」

というおめでたい最吉日の日だそうです。

なので、七五三の日にしたんだとか♪

 

まぁ、最近は「この日、というよりこの時季」

が七五三って感じですよね。

 

これまで子どもが無事に育ったこと。

そして、さらなる成長を願う行事ですが、

となると、3歳、5歳、7歳に当てはまらずとも

やってもいいじゃないですか!(笑)

 

なので、子どもがいるなら、

家族みんなで楽しくお祝い♪

 

いないなら、自分の成長を願って(大人だけど爆)

お祝いをすればいいと思います(笑)

 

むすび:ネットを使っての稼ぎ方、間違えてませんか?

僕はこれまで、

インターネットを軸に商品・サービスを販売する

ウェブマーケティング・プロモーション業に身を置いてきました。

  • コンサルタント
  • コーチ
  • FX運営会社
  • ファイナンシャルプランナー
  • ハウスメーカー
  • 小物雑貨
  • 医療関係者
  • 物販事業
  • ヒーラー
  • 福祉事業など

 

さまざまな方のWEB販促を行って、

数百〜1,000万、2,000万、3,000万円と

クライアントの売上に貢献してきました。

 

その経験から得た

「メルマガセールスの秘密」

メールマガジンの読者限定でプレゼントしています。

 

インターネットを使って売上を上げるには、

ちょっとしたコツを抑えておくこと。

それさえできれば、誰でもしっかりと売上があがります。

 

もしあなたが、

ネットを使っているのに、思うような売上につながらない・・・

こんな悩みがあるなら、

そのコツが抑えられていないだけ。

 

つまり、あと一歩で、

歯車が噛み合いはじめて、ドサドサと

商品が売れていくようになります。

 

とはいえ、「ただ売れればいい」というワケでもありませんよね?

 

しっかりと、自分の作った商品への想いや、

いかに価値があるものか?もお客さんに理解してもらいたいハズです。

 

弊社は、ただ売上をあげるのではなく、

販売者の理念、信念をしっかりと

届けながら、売上をつくる、という点で自信があります。

 

「商品・サービスの光を、お客さんに届ける」

このことを大事にしているからです。

 

あなたの商品・サービスがより多くの

お客さんに届くことで、日本が明るくなり

今よりもっと世界が良くなる。

そう強く信じています。

 

弊社のWEB活用、売上アップの方法を学び、

一緒に実践してみませんか?

 

無料で読めますし、必要がなくなればすぐに解除ができます。

一切リスクはないことをお約束します。

 

以下から、メールアドレスを登録して、

WEBで売上を上げるための方法を手に入れてください。

⇒ 『WEBで売上をあげる秘密』を読んでみる

 

あわせて、⇒僕の理念・価値観も読んでもらうと、

より理解が深まるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

川崎達郎

 

※もしこの記事が役に立った!と思われたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごく嬉しいです!
(すぐ下のボタンからシェアできます) 

おすすめの記事