ライフスタイル

社長がやや激しめの運動をすることの大きなメリット

「健康に運動は欠かせない」
こんな話は耳にタコができるくらい、
あちらこちらで聞いていると思います。

特に経営者に関しては、健康意識が高い人も多く、
また、「倒れたら終わり・・・」という強迫観念を
抱いている社長さんも多いので、ことさら健康に関しては意識を向けていると思います。

が、そうはいっても「運動不足」になっていませんか?

忙しい社長ほど、運動の効果を知りつつも
「運動に時間をかけている暇なんてない!」とおっしゃるかもしれません。

ただ、それでも「やったほうがいい」というのが僕の意見です。

社長が運動するメリット

なぜか?
それは健康のためというよりも、はるかに大きなメリットがあるからです。

そのメリットとは、「思考が積極的になる」ということです。

あらかじめ言っておくと、僕が推奨する運動は
散歩とかウォーキングとか、軽いジョギングとかの
生ぬるい有酸素運動とは違います。

運動後、ゼーハーゼーハーして心臓がバクバクするような、
ちょっと激しめの運動のことをいいます。
(とはいえ、超激しいワケではありません。ここは文章で表現するのがとても難しい部分ですね)

で、この運動をするとどうなるか?

  • まずは、考え事をする暇がなくなります

社長であれば、売上のこと資金繰りのこと、
マネジメントのことなど常に思い悩むことがあると思います。

が、この運動をしている間は結構キツいので
そんな考え事をしている暇がありません。

そうした時間をほんの少し取るだけでも、
心がリフレッシュされ、思考が積極的になっていきます。

  • 血液が脳に行き届きます

そして、少し激しめの運動をすることで、
脳にドラム缶10本分(約2000リットル!)の
血液を送ることができるようになります。

結果、脳が活性化されいろいろなアイデアが湧くのと同時に、
集中力も高まるので、今までダラダラしていた仕事をシュッと
終わらせられるようになります。

つまり、仕事が早く終わり、アイデアも生まれ、
思考がポジティブになっていくということです。

では、どんな運動を行えばいいのか?

じゃあ、その効果を得るためにどんな運動を行えばいいのか?
そして、時間はどのくらいかかるのか?についてお話していきます。

必要なものは、できればトランポリンが
欲しいところですが、なければ他に必要なものはありません。

で、やることもシンプル。

懸垂、腕立て伏せ、腹筋、スクワット。

以上。

これを20回×3セット行って下さい。
本当はもっと違う方法があるのですが、まずは基礎が大事ですからね。

トランポリンは、飛んだり全力ダッシュをしたりするのに使って下さい。

これ全体をするのにかかる時間は、30分もあれば十分です。
僕の肌感覚ですが、汗をかく量などはジョギング1時間分に相当しますよ。

ジムとかも行く必要ありません。
会費と行くまでの時間がもったいないです。

その会費を払うくらいならトランポリンを買って
スキマ時間に跳びまくって下さい。そっちの方が健康にいいです。
(ちなみに、トランポリンを5分飛ぶと、ジョギング1キロ相当に値するそうです。)

ということで、忙しい社長はジムなんかいかなくていいから、
ゼーゼーハーハーするような運動を30分やってみてください。

信じられないくらい思考が積極的になりますよ。

ABOUT ME
川崎達郎
SCプロジェクトジャパン株式会社代表取締役。札幌出身の起業家。 現在、「楽しく本当の人生を生きる」人や会社を増やすためのプロジェクトに尽力中。 また、自身のネットスキル・文章スキルを活かし、地域のお店や会社の集客・セールス代行やコンサルティングもしています。日本を繁栄させるため楽しくやってま〜す!! 本人は、熱狂的な餃子野郎である。